Podcast

第13回 「流通金額を400億円から4000億円へと成長させた戦略」

経営コンサルティングの仕事と事例(クレジットカード会社)

読むポッドキャスト 第13回「西村豪庸の『社長工場』」

    トピックス一覧
  1. クライアントが「右」って言っているのに「左」と断言するその考え方とは
  2. 「ユーザー数、年間発行枚数、流通金額を増やしたい」というクレジットカード会社のコンサル事例について
  3. コンサルをしていたクレジットカード会社には、どんな問題点があったのか?
  4. どうやってクレジットカード会社の流通額をUPさせたのか?その施策とは?
  5. コンサルをした結果どうだったのか?
  6. コンサル依頼を引き受ける際の大きな決め手とは?

ナレーターやまだひさし

「西村豪庸の『社長工場』」(タイトルコール)

ナレーターやまだひさし

西村豪庸の社長工場!!
こんにちは
やまだひさしです!
ポッドキャスト番組、西村豪庸の社長工場では、
インスタイルグループの代表を務める経営コンサルタントの西村豪庸さんが、
ビジネス経営に関することを独自の視点で解説していきます。
西村さん本日もよろしくお願いします!

工場長西村豪庸

よろしくお願いします!

ナレーターやまだひさし

前回ですね、経営コンサルティングのお仕事についての事例を上げて、お話していただいて。

工場長西村豪庸

はい。
こんなの聞きたいヤツいるんすかね?

ナレーターやまだひさし

いやぁ〜。
やまだひさしが、まず第一に聞きたいですけどね。

工場長西村豪庸

ハッハッハ(笑)

ナレーターやまだひさし

最近僕ね、夢は経営コンサルティングって、言おうかなと思ってる。

工場長西村豪庸

いや、イイじゃないですか!
言ったらいいっすよ!
それで、やまださんの収入が減っても、俺は責任取らないけど(笑)

ナレーターやまだひさし

おかしいなぁ〜、特命大使ぐらいはするんですけどね。

工場長西村豪庸

そうっすよね。
IOデータとかね。

ナレーターやまだひさし

だから、似てるといえば似てるわけですけどね。
あれのもっとケタを上げていきたいですね。

工場長西村豪庸

やっぱ特命係長っすかね。

ナレーターやまだひさし

特命係長、えっ!?工場長!?
工場長と係長で、なにがなんだかわからないぐらいの(笑)

工場長西村豪庸

特命っていうとやっぱりね!

ナレーターやまだひさし

工場長だとどうなんでしたっけ。
先週、話してくれたのは年収でコンサルだけで10億、20億って言ってましたもんね。

工場長西村豪庸

はい。
まぁ、年収っていっても自分の年収にはしてないんでね。
いろんな会社のコンサルフィーをなんだかんだいって合計すると、収益で20、30億はありますかね。

ナレーターやまだひさし

そうですよね。
いろいろな会社からと。

工場長西村豪庸

ありがたいことに頂けておりますね。

ナレーターやまだひさし

なので今回は、もう1個くらいその実例をちょっと上げて教えてもらえないかなと。

工場長西村豪庸

台本くれよ(笑)!!
ハハハ

ナレーターやまだひさし

そうね、その通り読んじゃうとアレになっちゃうんで!
思い出してもらって、前回だとほら、化粧品会社だったんです。
なので「化粧品バカ」「研究バカ」みたいな人いるじゃないですかと。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

なので、そのことはすごく極めているんだけど、なかなか「周りが見えてない」だとか、「そういったヒントをなかなか頭で発想できない」という人にアドバイスをした。っていう実例だったので。 これとまた違うケースで何かありますか?

工場長西村豪庸

インスタイルのHPでも見てくれたらいいと思うんですけどね。

ナレーターやまだひさし

これもう実は出てはいるのでね。
そこを見てもらえると実例も。
皆さん黙読してください!

工場長西村豪庸

はい!
今から30分、黙読の時間です!

ナレーターやまだひさし

読みましたね。

工場長西村豪庸

はい!今回はここまで〜(笑)

ナレーターやまだひさし

これね、読んでわかんなかったらまた質問を(笑)

工場長西村豪庸

「はい、読み終わったのがここにございます」みたいなね。
3分クッキングみたいな感じで。
っていう感じのことをやってました。みたいな。

以上で〜す!(笑)

ナレーターやまだひさし

いやいや、ダメです(笑)
1個ぐらい、もうちょっとぐらい教えてほしい。

工場長西村豪庸

わかりました。
そうですね

「海外銀行をバックボーンとする、クレジットカード会社からのブランディング、マーケティング依頼に対して、弊社はマーケティング費用を研究開発費や営業、セールスへのリソースへシフトすることを提案し、クライアント企業の理解を得た上で、抜本的に経営○%×$☆♭#▲!※」

みたいなことがありました!

ナレーターやまだひさし

エッ!!
ってことは、今ざっと読んでましたけど、抜本的に変えるようなことまでも、コンサルでやることがある?

工場長西村豪庸

ありますね。
すごいっすね!
俺が無理くり読んで、なんとか終わらせようとしたのを、抜本的をちゃんと拾って無理くり話を戻す。
プロってこういうもんなんだな(笑)

クライアントが「右」って言っているのに「左」と断言するその考え方とは

ナレーターやまだひさし

普通はね、ある程度レールになったものを、ちょっとしたことの気づきだったりとか、きっかけを作ってってことなら分かるんですが。

工場長西村豪庸

割とね、それはあるんですよ!

(クライアント)「西村さん右っすよね?」

(西村)「すんません左っす!」みたいな。

ナレーターやまだひさし

かなりですよコレ!
だって会社みんな右向いてた時に
「いやいや、それね本当、間違ってます」と。

工場長西村豪庸

左っす!

ナレーターやまだひさし

「明日から左ですよ!それだけで売上が上がりますから」みたいなこともある!?

工場長西村豪庸

はい、全然!
これは完璧に右って言ってたけど左の例ですね!

ナレーターやまだひさし

これどうして逆にその方たちは気づかなくて、なぜヒデちゃんは気づいたのかっていうのを教えてもらっていいですか?

工場長西村豪庸

僕、基本的にはいつも顧客目線なので。

ナレーターやまだひさし

なるほど!
経営者目線ではない!

工場長西村豪庸

はい!

ナレーターやまだひさし

使っているユーザーだったり、購入している消費者だったり。

「ユーザー数、年間発行枚数、流通金額を増やしたい」というクレジットカード会社のコンサル事例について

工場長西村豪庸

僕ね、コレ今でも覚えているんですけど。
クレジットカード会社のユーザーを増やしたいっていう依頼で。

ナレーターやまだひさし

つまり会員か!?

工場長西村豪庸

そうです!
単純に年間発行枚数とか、流通金額増やしたいっていう依頼で、マーケティング、ブランディングしたいってなってて。

僕、その前もクレジットカード会社を1社やってたんですよ。
そこの噂を聞きつけてバレて。
結構あるんですよ!

「西村さんあと半年で〇〇終わりますよね?次、ウチどうっすか?」

みたいな携帯に電話かかってくるんですけど。

ナレーターやまだひさし

横で繋がってる的な!

工場長西村豪庸

俺の秘書、買収されてないかなと思うときがたまにあるんですけど(笑)
俺だって知らないよ!そんな契約期間の終了なんて!

ナレーターやまだひさし

へぇ〜!!
要は同業他社にしてみれば
「なんであんなに急激に売上が上がった?」とか
「なんであんなにコンセプト変わったとか?」
っていうのを調べてたケースが。

工場長西村豪庸

わかんないですけど。

こっちはNDAあるんで。
僕、案外そこしっかりしてるんで、絶対に言わないんですよ!

ナレーターやまだひさし

言わないですよね!
それ守秘義務。

工場長西村豪庸

でも結構、向こうは言ってたりして、別にいいけど、そっちがよけりゃ。

ナレーターやまだひさし

結構、上手く回ってたりしてるから、言っちゃう場合もあるわけですね!
実は今、「西村さんにやってもらって、それからよくなったんですよ〜」みたいな

工場長西村豪庸

とか、逆にそれだったらまだいいですけど。

悪くなってる時にうまく俺の名前使ってくれればいいっすけど。
良くなってる時に俺のお陰でなんて絶対言わないっすからそんな。

ナレーターやまだひさし

なるほど〜。
自分の会社の手柄だと言いたくなりますからね。

工場長西村豪庸

そりゃそうですよ。
俺だって、そう思うもん(笑)

ナレーターやまだひさし

ハハハ
そこはね(笑)

工場長西村豪庸

手柄はみんな俺のものでね。
悪いことはみんな人のせい(笑)

ナレーターやまだひさし

ジャイアン(笑)

工場長西村豪庸

そうやって生きていく(笑)

ナレーターやまだひさし

そうか、そんな感じでバレたのか、なんなのかわからないが。

コンサルをしていたクレジットカード会社には、どんな問題点があったのか?

工場長西村豪庸

ユーザ増やしたいとか。
発行枚数増やしたいとか、流通金額増やしたいと言ってきて。

で、あんまりメジャーじゃないところだったんですよ!

ナレーターやまだひさし

当時?

工場長西村豪庸

当時、今でもあんまりメジャーじゃないんですけど。

ナレーターやまだひさし

へぇ〜普通だったんですね。

工場長西村豪庸

で、「(クレジットカード)使えるところねぇな」と。

ナレーターやまだひさし

まず単純にと。
もしも西村さんがそのカードの会員になった場合、色々な自分の店、行っているところを見渡してみも、なんだコレと使いづらいってことですね。つまり。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

なるほどね。

工場長西村豪庸

何考えてるんだと。

ナレーターやまだひさし

そうか。
「増やしたい増やしたい」言ってるくせに。

工場長西村豪庸

まず、「使えねぇーよ」と。

ナレーターやまだひさし

ハハハ
「そこ気づいてないの?」みたいな。

なんで、それなのに「増やしたい増やしたい」言ってるのと。

工場長西村豪庸

それね、スーパーに買い物に行って「〇〇カードお持ちですか?」って言われるときあるじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

うん、あるね。

工場長西村豪庸

例えば、Tポイントカードでもいいですよ!

「お持ちですか?」って言われるじゃないですか?

「お持ちでない」じゃないですか!
まぁ、お持ちの方はいいですけど。

Pontaカードでもなんでもいいですけど。

ナレーターやまだひさし

お持ちでない!うん!
ヒデちゃんの場合はお持ちでない。

工場長西村豪庸

だいたいお持ちでないですよね。
で、いいんです。そこまでは。

お持ちでないけど、欲しいって思うときもあるじゃないですか!?

ナレーターやまだひさし

便利なのかとか、お得なのかとか。

工場長西村豪庸

そうそう。
それは確かに。

でもみんな「お持ちですか?」までは多分、「持ってたらポイント付けろよ」って店長とかバイトリーダーから言われてるから。

「持ってなかったらここで入れるよ」とか「ここで付けたらポイント付くよ」みたいなのって、電気屋とかだと言われるけど、スーパーのちょっとしたポイントみたいなのって、まず言われないじゃないですか?

でも、そのときにそのスーパーにすごい行ってて、そこのスーパーでのポイントカードの還元率っていうか、「カードをお持ちの方はこちらです」みたいな。
ヒエラルキーが半端なくって、そのスーパーカーストの中でシュードラなんですよ。

ナレーターやまだひさし

持ってないから。

工場長西村豪庸

持ってる奴らのバラモン、クシャトリアに対してこっちシュードラなんですよ。
下手したらアウトカーストみたいな扱い受けるんですよ!

ナレーターやまだひさし

なんなんだ、お前みたいにね(笑)

工場長西村豪庸

すごいんすよ!!

ナレーターやまだひさし

こんだけ常連なのに!
そんな扱いなわけだ!

工場長西村豪庸

そうそうそう!
「〇〇カードお持ちの方はコチラです」みたいな優先レーンから始まって。

「ポイントお付けしときますね、あら!たーさん今夜は〇〇?」みたいな。

ちょっと俺も、、「なんかいいな」みたいな。

でもそこのカード会員になろうとしても、どこで会員になれるかも、その店には何も書いてないし。

ナレーターやまだひさし

そうか、「持ってますか?」しか聞かれないから。

工場長西村豪庸

そうそう。
申込みの用紙も書いてないし、だからどこにもないんすよ!
でも「持ってますか?」だけは毎回聞かれるんですよ!

イライラしながら「なんだよ!」って過ごしてて。
使える場所は十分あって使えるけど「持ってるか?」って言われる例ですけど。

そのクレジットカード会社の時は、そもそも、「使えるよ」っていうアピールも足りてないし。
「使えないのか。。。悔しいな」って思う気持ちにもならない。
っていう状態で。

ナレーターやまだひさし

まずそれを実際に消費者目線で感じたわけだ。
このカードはと。

工場長西村豪庸

そう、スーパーにいるときね!(笑)

ナレーターやまだひさし

何だこれはと!

工場長西村豪庸

ひたすらそのカードが使えるよっていうステッカーをバラまく必要があると思ったし。
加盟店をたくさん増やす必要があるし。

ナレーターやまだひさし

まず先でしょと?

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

会員増やしたいが先じゃないでしょと。

工場長西村豪庸

会員が使える場所を増やして、便利になるから使いたいんであって。

ナレーターやまだひさし

だから、その人達が会員になりたいってなるわけで。
やっぱり起業家、経営者目線だとその順番が間違っちゃうときがあるわけだ。

工場長西村豪庸

しかも国際企業なんで、こんなちっちゃい国の中でどういう風になってるのかまで、ちゃんと目が行き届いているようで、行き届いてないんですよ。

ナレーターやまだひさし

前回の例でいうと、化粧品と同じで、ウチらこんなにいいカード作ってるんだから大丈夫だよと。
作ってたら、そのうちみんな会員になるよと。

工場長西村豪庸

お金持ってるし、みたいな感じなんですけど「ちげーえ」って話なんですよ!(笑)

ナレーターやまだひさし

そこか!またそれだ!
カードバカだったんだね!(笑)

工場長西村豪庸

ある意味ね(笑)
しょうがないから、そこ端末も別で買わなきゃいけないんですよ!
決済端末。

ナレーターやまだひさし

そうかそうか。
新規の物だから。
グループみたいになってないし。

工場長西村豪庸

「バカじゃないの?」みたいな。

ナレーターやまだひさし

イチからなわけだ!
なおさらハードル高いよと!

どうやってクレジットカード会社の流通額をUPさせたのか?その施策とは?

工場長西村豪庸

そうそう。
「マーケティングコストで結構な金額を使っていいから」って言われたんですけど、全部、容赦なく端末を1台で済むような開発コストに回し。

ナレーターやまだひさし

そういうことだ、そうしないとまず加盟店なんて増えないよと。

工場長西村豪庸

増えないし。 加盟店増やすための営業マンを雇うのに容赦なく使い。
「全然、テレビCMとか打たないね、お前」とか言われて

「うるせー!今、その段階じゃねぇ」みたいな

ナレーターやまだひさし

ハッハッハ(大爆笑)

工場長西村豪庸

ハハハ(笑)

ナレーターやまだひさし

「お前、本当にあの金、使ってる?」とか言われて(笑)

工場長西村豪庸

「使ってるよ別の方向に」みたいな(笑)
「全然違う方向に使ってるわ!」みたいな

ナレーターやまだひさし

良いから待ってろと。(笑)

すごい発想!!
それ見事当たり?

工場長西村豪庸

「お前、空港とかのマーケティング得意なんじゃないの?」
とかって言われて。

「空港でマーケティングする前のレベルだから。今、空港で使おうと思っても使えねーから」みたいな。

ナレーターやまだひさし

待っててと。(笑)
やるけどそこはと。

工場長西村豪庸

ふざけんなって(笑)

ナレーターやまだひさし

でも、よく相手にそれ分かってもらえましたね!

やっぱり信頼関係もありますよね!
相手は気づいてないわけだから。
そんなこと本当にしなきゃいけないこと?
いいんじゃない、カード会員増やせば、使うやつ増えるよっていう人に対してよく。

工場長西村豪庸

会員はすごい抱えてるし、流通額はすごい抱えてるから、すごい強気でくるんですよ!

ナレーターやまだひさし

でしょうね!
よくそれを説得できたなっていうのもありますけどね。

工場長西村豪庸

「うっせーばーか」って2年間言い続けましたけど(笑)

ナレーターやまだひさし

いいから見ておけと!

工場長西村豪庸

ずーっと「うっせーばーか」「うっせーばーか」って言って、ひたすらガードしてましたけど(笑)

「マーケティングコストだって言ってんだろ!」って言って。
外資系なんでセールスとマーケティングで明確に会計のコストが違うのに。
開発費も違うのにひたすらシカトして、マーケティングコストだって言って、金を引っ張ってきてはセールスと開発費に回し、「うっせーばーか」「うっせーばーか」って(笑)

ナレーターやまだひさし

すごい!
でも、間違いなくそれは勝算があったからでしょ?
ヒデちゃんの中では?

工場長西村豪庸

そうですね。

ナレーターやまだひさし

大丈夫だと。
絶対、そこまで使えるような店さえ増やしておけば、後は大丈夫だと自動的にと。

工場長西村豪庸

ひたすらステッカーまいて。

ひたすら営業マン、ワーッて組織して。
「開発終わるまでは、端末タダでバラまいていいから」って言って。
端末代は「いいよ、これマーケティングコスト、俺が適当にごまかしとくから」って。

ナレーターやまだひさし

そうか、そういった点では店もそんなリスクないから、タダだったら別に入れるし、ステッカーも貼りたきゃ貼りなさいになるから。
まず、そうさせたわけだ!

あとは持ってる人は、「ここでも使える」「ここでも使える」になり。
持ってない人にしてみたら「最近見るあのステッカーなに?」と。
「あれ便利なカードなの?」「私も欲しいわね」ってなると。

工場長西村豪庸

ついでに、もともと持ってるロイヤルカスタマーの人とかを連れてブランドツアーみたいなのもやったりして。

ナレーターやまだひさし

そうか。
「ココで使えるのね」ってなるから。

工場長西村豪庸

そうすると、店で買物「ガッ」てしてくれるじゃないですか!?
あのカードを導入すると、「あそこの怪しいコンサルタントがお金持ちをいっぱい連れてきて、お買物いっぱいしていってくれるらしいんだけど。」って。

ナレーターやまだひさし

昔でいうとツアーの海外旅行に行くと、バス乗せられて。

工場長西村豪庸

そうです!
それのコンダクターの高い版!
僕、昔ちょっと前の収録の時に、色んなブランドのVIPのフロアでやったって言ってたじゃないですか!
ブランドの全部のVIPフロアと全部のブランドに僕、繋がりあったんで。

ナレーターやまだひさし

そこに行けたから!

工場長西村豪庸

「すみません」って言って。
「カード入れてもらっていいですか?」って。
「そのかわりに俺ちゃんと金持ち連れてきて億単位で使わせるから」って言って(笑)

ナレーターやまだひさし

VIPルームではそのカード使えるようになってるから。

工場長西村豪庸

2、30人、VIP連れてきて本当にリアルに何億って使ってて、ホクホクで買い物しているVIPは帰っていくわけですよ。

ブランドはブランドでホクホクなわけですよ。

ナレーターやまだひさし

そうですよね!
本当に連れてきたって!
この機材入れただけで!

工場長西村豪庸

「そんな億単位の買い物ってバカね!西村久しぶりにしてはちょっと盛り過ぎなんじゃないの?」って言ってたら
「すみません盛りすぎでしたね。1億とか2億じゃなくて4億買いましたね」って(笑)

ナレーターやまだひさし

でしょみたいな(笑)
これができるわけだ!

工場長西村豪庸

買ってってもらって。

ナレーターやまだひさし

でた!

西村マジック!

工場長西村豪庸

ハハハ

ナレーターやまだひさし

お見事!!
こういう仕事がコンサルっていうんですね!

工場長西村豪庸

でもまぁ、前回も言いましたけど
「BARカウンターでやってたのを、昼間やるだけでこんなにお金になるんだなー」って思って

ナレーターやまだひさし

そうですよ。
BARカウンターだからこそ、その忌憚のない意見が言えたという位置が、実は経営コンサルには重要で、会社のことをおもんぱかったりだとか、その社長に嫌われちゃいけないな、なんて思ってたらやれずなんですよ!
こういうものってね!

工場長西村豪庸

そうですね!

ナレーターやまだひさし

いや僕、部外者ですからねと。
外部だから言わせてもらいますよくらいなことを。

工場長西村豪庸

リスペクトもあるし、社長もスゴイ好きだし、現場が一生懸命頑張っててそれに向けて動いてるのもわかってるし。
だから、それをひっくり返すのってダメなことも十分わかってるけど。

だからこそ外部から無責任に、小学3年生の頭に10円ハゲのある、いがぐり坊主の半ズボンの俺が「でもさ右だと思うんだよね〜」みたいな(笑)

ナレーターやまだひさし

「えっ?理由?わかんねーけどー」
ハハハ

工場長西村豪庸

「多分〜」みたいな笑

ナレーターやまだひさし

だって、あっちのほうが良いんだもん楽しそうなんだもん。みたいな笑

工場長西村豪庸

「ドンガラガッシャーン」みたいなほうが

コンサルをした結果どうだったのか?

ナレーターやまだひさし

結果、そういう新しいまったく違うところからの光明がさすというか、あるんだ!
面白い、これはやりがいあったでしょ?

工場長西村豪庸

やりがいありましたね!
本当にユーザーも、たくさん買い物して、満足してもらいましたし。

ブランドもブランドで、久しぶりに顔出したと思ったら
「お前この間までウチでシャンパンついでたよね」みたいなやつが億単位でお金使う人連れてくるし。

カード会社はカード会社で、「なんか調子いいね」みたいな。
決済金額、結構な倍数になったんじゃないですかね。

ナレーターやまだひさし

コレはやりがいも感じますね!

工場長西村豪庸

結構、とんでもない数字出した気がしますよ!

ナレーターやまだひさし

しかも、その景色見てますからね、西村さんとしては!

工場長西村豪庸

へい!

ナレーターやまだひさし

ダメだったというか、やりあぐねてた時から、これやっぱり冥利に尽きるというか。

工場長西村豪庸

そうですね!

ナレーターやまだひさし

みんな幸せになってるじゃないですか、ユーザーだって便利になってるわけだから。
使い勝手が良いからそのカードに入るわけだし。
別に誰かを騙してとか搾取じゃないし。
これはいいですね。今でもこの会社と取引あるんですか?

工場長西村豪庸

もうないっす!
もうずいぶん前に終わって。

ナレーターやまだひさし

今や有名になっているカード会社ですけど。
確かに、ステッカー貼ってないところ、ほとんどみないですよ!

工場長西村豪庸

もう今は栄枯盛衰は世の習いじゃないですけど、QRコード決済とかあっちにもう。

ナレーターやまだひさし

確かに、新しいものがどんどんでてますもんね!

工場長西村豪庸

いっちゃうと思うんで。
ずいぶん前に無事というか、円満にあれしましたけど。

当時は本当に決済額10倍くらいなった気がします。
400億から4000億くらいに流通額増やした気がします。

ナレーターやまだひさし

いいですね〜コレ!
コレは今でもお願いしますという企業さん、会社さんからオファーあるわけですよね?

工場長西村豪庸

ありますあります、クレジットカード会社だったり。

ナレーターやまだひさし

他も?

工場長西村豪庸

全然あります。

コンサル依頼を引き受ける際の決め手とは?

ナレーターやまだひさし

自分の中では何で決めてまわったりしますか?
引き受けようって思うことって?

工場長西村豪庸

面白そうか、面白そうじゃないか(笑)

ナレーターやまだひさし

そこ大事ですか?
あんまり、その何千億とかの企業だから、どうしたとかっていうわけじゃなくて?
面白ければ、本当にちっちゃいミニマムなところでも引き受けたりする場合もありますか?

工場長西村豪庸

正しいか間違ってるかで判断するとだいたい僕、間違えるんで。

ナレーターやまだひさし

あら!そうなんですか?
そんなに結果出してるのに?

工場長西村豪庸

うん(笑)
間違える自信がありますね!

自分が面白いと思ってたら、結果的に良くても悪くても面白いは面白いじゃないですか!?

ナレーターやまだひさし

そうかそうか。
数字はどうかわからんとしてもと。

工場長西村豪庸

でもコレのほうが儲かると思うから、ちょっとコイツ気に入らないけどやってみようっていって、儲かったところで面白くないし、そのお金あまり使いたくないし、儲かんないことも多いし。

あんまり
「正しい」「正しくないか」とか。
「儲かる」「儲からないか」とか。
「面白そう」「面白そうじゃないか」みたいなほうが、結果、楽っすよね!

ナレーターやまだひさし

失敗したって別に?

工場長西村豪庸

それ失敗が失敗にならないっていうか。
だって面白そうだったからやったんだもん!

ナレーターやまだひさし

面白い経験を自分でしたんだもんと。

工場長西村豪庸

昔ね、飲食の時のソムリエの先輩の一人に「仕事は仕事だから楽しくなきゃダメ、趣味は良いの、辛くても」(って言われて)

ナレーターやまだひさし

そうね、ゴルフうまくなんねーなーとかそういうやつですよね!

工場長西村豪庸

そうです、そうです、山登りが趣味とか、マラソンが趣味とかいるじゃないですか?
アレ仕事だったら絶対にやらないじゃないですか!
辛いだけじゃないですか!

ナレーターやまだひさし

やってもやっても練習やってもみたいな。

工場長西村豪庸

トライアスロンとか!趣味とか。
時給5,000円とか10,000円とか言われてトライアスロンやんないっすよ!

ナレーターやまだひさし

やんないね!

工場長西村豪庸

アレ趣味だからやるんですよ!
辛くても。

ナレーターやまだひさし

あれ、頼まれてやるもんじゃないんだもんね!

工場長西村豪庸

なんでもいいっすよ! 早起きして釣りにいくとか、ゴルフ行くとか、アレ趣味だからあの辛さを耐えられるんであって。
でも仕事は楽しくなきゃダメって言ってくれた、ソムリエの先輩がいて、スゴイいい言葉だなって思って。

ナレーターやまだひさし

そうじゃないと続かないよと。
続いたとしても、健全になっていかないよと。
確かにそうですね。

工場長西村豪庸

僕、コンサル先もそれで決めてて。
自分が仕事するときも、もちろんそうですけど。
面白そうだなと思ったらやるけど、儲かりそうだなって思っても別にやらないみたいな。

ナレーターやまだひさし

それは別に他の人でもいいかもしれないしってなってしまうかもしれないってことですよね。
自分が関わることで面白くなりそうならやる!

工場長西村豪庸

はい!


ナレーターやまだひさし

いや〜本日もお時間がきてしまいました。
西村豪庸の社長工場「毎週1000万投資と題しまして情熱を持った起業家へエンジェル投資を行っております!」

あれですよ、面白い人だったら投資してくれるかもしれませんよ(笑)

工場長西村豪庸

芸人とかいっぱいくるとか違いますからね(笑)
一応言っときますけど!

ナレーターやまだひさし

どうします、いきなり芸人がね!
年収上げたいんですよっていう(笑)

工場長西村豪庸

頑張って面白くなって!って言って終わりでしょ!(笑)

ナレーターやまだひさし

詳細は第7回第8回をお聞きください。 番組への質問・ご意見は下記のフォームからお問い合わせください。 西村さん本日はどうもありがとうございました!

工場長西村豪庸

ありがとうございました!

番組への質問・感想・相談受付

ポッドキャスト番組 西村豪庸の「社長工場」で聞きたいこと、起業・経営などで悩まれていること、今後取り扱ってほしいテーマ、ご感想など、皆さまからのご質問をお待ちしております。

お名前 (公表することはございません)*

メールアドレス*

職業・職種

年齢

工場長に聞いてみたいこと、今後取り扱ってほしいテーマなど*