Podcast

第16回 「持ち家と賃貸はどっちが得か」

家は買いたきゃ買えばいい

読むポッドキャスト 第16回「西村豪庸の『社長工場』」

    トピックス一覧
  1. 30代によくある悩み
  2. 家を購入するのは投資として正解か
  3. チラシに書かれる「家は資産になる」はウソ!?
  4. 新築を買っても、住んだ瞬間に価値が下がる
  5. 賃貸で築35年の家を借りようって検索するのか
  6. 5000万円で、家を買うか、他の物に投資するのか
  7. 経営者なら、3000万円の借金をマイホーム購入に使ってはいけない

ナレーターやまだひさし

「西村豪庸の『社長工場』」(タイトルコール)

ナレーターやまだひさし

西村豪庸の社長工場!!
こんにちは、やまだひさしです!
ポッドキャスト番組、「西村豪庸の『社長工場』」では、インスタイルグループの代表を務める、経営コンサルタントの西村豪庸さんが、ビジネス・経営に関することを独自の視点で解説していきます。

西村さん本日もよろしくお願いします!

工場長西村豪庸

よろしくお願いします!

30代によくある悩み

ナレーターやまだひさし

---(30代経営者のリスナーからの質問)
現在、賃貸マンションに住んでおります。
家を購入する時期なのかどうなのか悩んでいます。

家を購入しても賃貸の家賃と毎月の支払額にさほど変わりはないし、将来的に資産として残る家を購入した方が得なのではないかと思い、持ち家を検討しています。
もしよろしければ、アドバイスをお願いいたします。
---

という。
分かるわぁ、まさにこれくらいの年代のときに到達すんのよ。

工場長西村豪庸

へぇ〜

ナレーターやまだひさし

そうでしょ?
やっぱりほら、ヒデちゃんは俗世間を知らないから。

工場長西村豪庸

ハハハ

ナレーターやまだひさし

学んで学んで! だいたい、みんなここら辺なの。

工場長西村豪庸

あぁ〜

ナレーターやまだひさし

思い出してー! あ、思い出すのは無理か。
もう30代のときに成功しちゃってたから(笑)
普通の人はね、まずは1人暮らしです。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

だいたいそうすると、家賃が6万〜8万ぐらいになっていって。
で、ちょっと贅沢しようって10何万ぐらいになったときに、彼女とかできるわけですわ。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

そうすると15万〜16万ぐらいの所に住んで。
「もうちょっと頑張ろう」なんつって、2人とも稼ぎがあるから20万ぐらい払えるかってなったら…

工場長西村豪庸

「10万ずつ」なんつってねー?

ナレーターやまだひさし

そうなんですよ。
で、ふと見ると今度は、ポストにチラシが入ってくるわけですよ。

工場長西村豪庸

うん。

ナレーターやまだひさし

「あなたは今の家賃で大丈夫ですか?」

工場長西村豪庸

はいはいはい。

ナレーターやまだひさし

「ローンだったら、それが12万くらいになりますよ。それ、あなたの家にもなるんですよ」って。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

って言われたときに、「え? 2人で今20万の家賃を払ってるところが、12万になるの? しかも、自分の物にもなるんだよね? ママ〜。俺たちそろそろ、どうかな? 今だったら2人とも会社員だし、ローンも組めると思うんだ」
こんなときですよ。経験してないでしょ?

工場長西村豪庸

うん(笑)

ナレーターやまだひさし

経験して経験してー!

工場長西村豪庸

ちょっと何言ってるか分かんない…

ナレーターやまだひさし

ぜーんぶキャッシュで買ってるから分かってないんだよ!(笑)

工場長西村豪庸

ちょっと何言ってるか…(笑)

ナレーターやまだひさし

ハッハッハッハ!
今日ダメ、あと18分以上あるよー!
話してー! こういう人助けて!

今どっちが良いんでしょう?

工場長西村豪庸

えぇ…
もう買いたきゃ買えよー!(笑)

ナレーターやまだひさし

ハッハッハッハッハッハッハッハ!

チ------ン…
「買いたきゃ買えよー!」じゃないの!

工場長西村豪庸

えっ!?(笑)

ナレーターやまだひさし

この人はなぜ悩んでるかっていうと、「こんなおいしい話しか書いてないから、果たして本当に買っていいのかしら!? もし買った場合のリスクとかあるなら先に聞いておきたいわ」って、たぶんそれですよ。

今んところ、この人は買った方が良いんじゃないかって思ってる。

工場長西村豪庸

ホントー!?

ナレーターやまだひさし

いや思ってますよ。
だって家賃分安くなるんだもん。

工場長西村豪庸

じゃあ買っちゃえ買っちゃえ!

ナレーターやまだひさし

ちょちょちょ! 今、半笑いで言ってるじゃない!(笑)

工場長西村豪庸

ハッハッハ!

ナレーターやまだひさし

「買えばいいさ。お前、後から大変だぞー」みたいな!

家を購入するのは投資として正解か

工場長西村豪庸

違う!
僕が一番気にしてるのは、「将来的に資産として残る家を購入した方が」って書いてあるから。

ナレーターやまだひさし

あ、書いてある!

工場長西村豪庸

この質問ですよ!

ナレーターやまだひさし

はい。

工場長西村豪庸

本当にそれは資産かってことですよ!

ナレーターやまだひさし

チラシとかには、「資産になります」って書いてあるんですよね。

工場長西村豪庸

うーん…負債かもしれないよね。

ナレーターやまだひさし

そっかぁ! あり得るか!

工場長西村豪庸

だってローン組むってことでしょ?

ナレーターやまだひさし

そうです。
だいたい3000万円とか5000万円とかの物件なんです!
普通は5000万円なんて買えないな。

工場長西村豪庸

まず一番最初に言いますよ。
ほんとに、買いたきゃ買えばいいって思う、ほんとに。

ナレーターやまだひさし

おぉ! いいのね?

工場長西村豪庸

投資用不動産と実需。
要は、自分が住む家を僕は分けて考えてて。

ナレーターやまだひさし

ちょっと違うからね。この人は多分実需だから。

工場長西村豪庸

でしょ? 実需は感情で買うもんだと思ってるんです。

ナレーターやまだひさし

なるほど。車と一緒だね!

工場長西村豪庸

そうそう! だから、欲しけりゃ買えば?って。

ナレーターやまだひさし

ただ、「資産として残る家」って、この人書いてあるから。

工場長西村豪庸

その書き方してる時点で、投資的な側面ですよね?
「投資として正ですか?」って言われたら、「そうとは限らんよ」って話で。

ナレーターやまだひさし

そういうことだ。

工場長西村豪庸

僕の中では、その二つをまず分けようぜって話なんですよ。

ナレーターやまだひさし

だから、その家を買うときの割合を今ちゃんと確認した?っていう。

工場長西村豪庸

このあいだ話したみたいに、僕は楽しいと思ったらやるけど、みたいな。
だから、欲しいと思って買う、だったら別に全然止めない。

ナレーターやまだひさし

否定もしないと。

工場長西村豪庸

好きにしたらいいやんかっていう。

ナレーターやまだひさし

この人多分ね、どっちも求めてると思います。
実需で住みたいんだけど…

工場長西村豪庸

はい、もちろんね!

チラシに書かれる「家は資産になる」はウソ!?

ナレーターやまだひさし

「資産にもなるよ」というふうに、だいたいチラシとかに書いてますから。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

「これが本当ですか?」って聞きたいんだと。

工場長西村豪庸

本当じゃないですよ。

ナレーターやまだひさし

うぇぇえええ〜!!!

工場長西村豪庸

ハハハ

ナレーターやまだひさし

こわ〜〜い! やっぱりかぁ(泣)

なんで、あのチラシは、ああいう書き方するんですかね?
だって「家賃も安くなる。あなたの物にもなる。得しかない!」みたいなこと書いてありますよ。

工場長西村豪庸

だから、あなたの物になって得かどうかを冷静に判断した方がいいですよね。

ナレーターやまだひさし

あなたの物になった暁に、それが得な物になったかどうかは、また別の物だと!

工場長西村豪庸

うん。

ナレーターやまだひさし

あなたの物になったということで、感情が喜んだり、それでステータスになるならいいが!

工場長西村豪庸

35年ローンを組んで、35年間お前はそこに住み続けるんだな?と。

ナレーターやまだひさし

ほんとだ…
まずそこの1個、実は重要なことがありましたね。

工場長西村豪庸

生活レベルを一生下げられないぞと。

ナレーターやまだひさし

あと、隣近所が嫌な人でも、勝手に引っ越したりもできないし。

工場長西村豪庸

一生できねーぞと。

ナレーターやまだひさし

そうか。買うっていうことは、まずそれはあるね。

新築を買っても、住んだ瞬間に価値が下がる

工場長西村豪庸

そのときは売りゃあいいんだよって言うけど、売ったときのリセールバリューが、3000万、5000万で買った家が3000万、5000万なわけねーぞと。

ナレーターやまだひさし

特に日本はそうですよね。震災もあったりするから。
いきなり価値が下がったりもあり得ると!

工場長西村豪庸

そもそもね、新築で買った瞬間に住んだら2秒で中古ですから。

ナレーターやまだひさし

ということですね。ほんとに下がるんですよね。

工場長西村豪庸

5000万円をローンで組んで、7000万円、8000万円を、30年かけて40年かけて払うわけですよね?

ナレーターやまだひさし

はい。

工場長西村豪庸

で、最後、35年後に5000万円の家が手元に残るんですか?
残んないでしょ?
5000万円の価値のまんまなわけないじゃないですか。

ナレーターやまだひさし

ほとんど無理ですね。

工場長西村豪庸

今、日本は少子高齢化ですよ。
価値が上がっていくことは、まずないですよ。
「地価は上がり続けるから」って、そんなのほんとに一部の一部ですよ。

ナレーターやまだひさし

銀座の一等地とかでもあるまいしと。

工場長西村豪庸

銀座の一等地だって、上がったり下がったり、下がったり下がったりしてんのに。

ナレーターやまだひさし

どこにそんなずっと右上がりな土地があるのかと。

工場長西村豪庸

奇跡的に団塊の世代の方々が、当時一瞬だけあった奇跡の方程式ですよね。
20代〜30代のときに家を買って無事に勤め上げた暁には、退職金で残ったローンを一括返済すると、無事資産として残った物がちょっと値段が上がっていて一財産できるよっていうのは…

ナレーターやまだひさし

あの時期だけは、たまたまあった?

工場長西村豪庸

あの時期はゴールデンタイムだけど、いまだにその神話が残ってるだけで。

ナレーターやまだひさし

でた! なるほど、その部分だけ記憶で残ってるから。

工場長西村豪庸

一国一城の主とか。
それこそ、あのとき、あの時代に、日本のGDPを上げるために株式会社日本に35年分の売り上げが立ちますから。

ナレーターやまだひさし

どんどん売らせて買わせてみたいな。
…はぁ〜

工場長西村豪庸

そのために神話が作られたけど、「あなたの物になりますよ」って言ったって、負債だったら要らないじゃないっすか?

ナレーターやまだひさし

そうね、そんなもの。
邪魔なだけじゃなく、むしろ損したぐらいまでになりかねないリスクもある。

工場長西村豪庸

これは自分の家だと分かりづらいのに、お店にすると一気に分かりやすいんだけど。
「35年ローンでいいお店が作れますよ、いいお店が手に入りますよ」
え、そのお店って赤字になることないの?

ナレーターやまだひさし

そうかぁ。
これから赤字を、じゃぶじゃぶ抱えることになるんですよ? っていう。

工場長西村豪庸

でもあなた、このお店のオーナーですよ?

ナレーターやまだひさし

そうか!(笑)
店もらえて良かったですね、って言うんだけど…

工場長西村豪庸

よっ! オーナー!

ナレーターやまだひさし

ハハハ
ヤバい! 怖い!
そういう発想を持ちなさいってことだ?

工場長西村豪庸

そうそうそう。

ナレーターやまだひさし

だから、これマジックなんだよね。
チラシだけで読むと、「家が手に入るよ」ってことだけを一方的に言ってて。 それが、あたかも資産みたいに言うけど。

賃貸で築35年の家を借りようって検索するのか

工場長西村豪庸

じゃあ聞くけど、おめぇは築35年の家を賃貸で借りようって検索したことあんのか? って話じゃないですか。

ナレーターやまだひさし

ほんとだ…。借りるときに、まず弾くね。
なんだよ、そんなオンボロの家! ってなるもんね!

工場長西村豪庸

おめぇは35年後にそれを手に入れるんだぞ? って話じゃないですか。

ナレーターやまだひさし

それを貸せばいいよって思ってるかもしれないけど、さっきの論理で言うと、借りてくれる人ほんとにいると思う? っていうところも考えた?っていう。

まぁ例えば極端に、駅ビルだとか場所が良かったりだとか環境が良ければ別だけど、そんなケースはほぼないでしょ?と

工場長西村豪庸

駅ビルって言ったって、昔、たけしさん達の、「田園調布に家が建つ」っていうネタがありましたけど、田園調布って、いまだに変わらずブランド立地ですか?

ナレーターやまだひさし

そうだね〜。

工場長西村豪庸

だいぶ聞かなくないっすか?

ナレーターやまだひさし

あそこの駅にビルがあったとしても、下手したら今や価値が下がる可能性だってあるわけだよね?

工場長西村豪庸

ねぇ。

ナレーターやまだひさし

こわーい!

工場長西村豪庸

うん。無理っすよ。
35年先なんて誰にも分かんなくて…

ナレーターやまだひさし

なるほど、よく分かった。
だから、この方の質問とすると、「マイホームを持つのが夢だったので買った方がいいでしょうか?」っていう人は買えばいい?

工場長西村豪庸

買いなはれ!

ナレーターやまだひさし

ね!

工場長西村豪庸

買っちゃえ買っちゃえ! いいじゃん! 夢叶えなよ!

ナレーターやまだひさし

「資産として残る家を購入した方がいいのでしょうか?」ってもし言われた場合は…

工場長西村豪庸

それは資産になるとは限んねーぞ?

ナレーターやまだひさし

ね!
しかも、それが分かれば誰も苦労しなくて、みんな買いますわね?

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

「あれ買っとくと絶対(価値が)上がるんですよ」なんて家がもしあるなら、僕も買うし誰でも買うしってなるじゃない!

工場長西村豪庸

だいたいの場合は、資産にはならねーぞ?
だって、この国、少子高齢化だからっていう。

物の値段って需給のバランスで決まるわけだから。

ナレーターやまだひさし

ですね。
マンションも家もあんなにバンバン建ってるけど、人減っていくの分かってるでしょ?と。

工場長西村豪庸

はい。

ナレーターやまだひさし

あらららら…もう答え出ちゃいましたよ。

工場長西村豪庸

うん。

ナレーターやまだひさし

実需というか、自分の願望や思いが強く買いたいという程でないのであれば、買わない方がいいんじゃないですかっていう。

5000万円で、家を買うか、他の物に投資するのか

工場長西村豪庸

っていうのが、まず基本の考え方の其の一で、もう一個の考え方が、そもそもあんまりこれを知らないんだけど、賃貸した方がいいか、買った方がいいかって自分の運用成績、運用パーセンテージ、利回りで決まるんっすよ。

ナレーターやまだひさし

えぇ〜、というと?

工場長西村豪庸

家賃が月に20万円だとすると、年間で240万円かかる。
5000万円持ってるとしたら、240万円は5000万円の4.8%じゃないっすか?

5000万円の家を買って4.8%の家賃が出ていかない方がいいのか、それとも不動産は買わずに、5000万円を安定的に10%で運用できる人に投資したら、年間500万円が稼げるわけだから、そこから240万円の家賃を払っても、手元に260万円残るじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

おぉ〜なるほど!

工場長西村豪庸

でも、5000万円の投資をしても、年間100万円しか稼げないっていう人に関しては、5000万円の家を買っちゃって、240万円の家賃が出ていかないようにした方がいいかもしんないすよね?

ナレーターやまだひさし

今のは分かりやすいなぁ〜
一見同じ仕組みのように見えるんだが、後々出ていく金額を考えてみると、そっちの方を選ぶね!

工場長西村豪庸

僕は、手元に5000万とか1億あっても、ビジネスに投資した方が毎月100万200万生んでくれるとか、下手したら1000万、2000万生んでくれるっていうのがあるから賃貸でいいんですよ。

ナレーターやまだひさし

うん。今の流れで言えばね! そうやって選んでると。

工場長西村豪庸

だから自分の運用パーセンテージ、安定的なパフォーマンスを理解してから、賃貸がいいか、不動産を買った方がいいかを選ぶ。
結局、不動産を買うにしても買わないにしても不動産投資の一側面でしかないんで、どちらかの投資行動はとってるわけですよ。

不動産を購入して自分から家賃を取る“自家家賃”という、自分に自分で家賃を払ってもらう。
と、他の物に投資して家賃を払ってもらう。

ナレーターやまだひさし

はぁ〜! これはいいアドバイスになりましたね!
もしそれを全部ちゃんと教えてくれるのであれば、「あなたは今買った方がいいと思いますよ」なのか、もう答え出ますよと。

工場長西村豪庸

そうそうそう!
投資的な側面で見るんだったら自分の運用利回りを知らないと。

将来的な資産としてって考えるんだったら、自分の運用利回りちゃんと分かってる?

ナレーターやまだひさし

まずそっちでしょ? そっからですよ? と。
その方が自ずとすぐ答え出るから、と。

工場長西村豪庸

どうしても迷ったら俺に預けてくれてもいいよ?(笑)

ナレーターやまだひさし

ハッハッハ!
ちなみに何%ぐらいで運用してくれますかねぇ?(笑)

工場長西村豪庸

ハハハハハ

ナレーターやまだひさし

この続きは、ぜひサロンで(笑)

工場長西村豪庸

アッハッハッハッハッハ!
ダメだと思うぞ(笑)

ナレーターやまだひさし

本日はもうお時間がきてしまいました。
今日早かったけども?

工場長西村豪庸

だって、分かりやすくないですか?
自分の運用パーセンテージさえ分かっておけばいいんすよ。

ナレーターやまだひさし

そうだね〜

工場長西村豪庸

あとはもう、感情で買うか買わないか、好き嫌いだから。

ナレーターやまだひさし

いや、正しいですわ。
僕も今やもう家も持ってませんし、ホリエモンとかもそうですけど、逆にみんな全部やめちゃったって人もいますね!

買うというもののリスクの方が(高い)。
特に震災が多い国じゃないですか?

工場長西村豪庸

そうですよ。
変な話、僕がここでいくら理屈で話したところで、全部女の子って感情で決めるから奥さん彼女が、「え、でもダメだよ。私、家買うよ。だってお父さんもお母さんも買ってるし買おうよ。なんで? 自分の物にならないよ?」って言われて、「ポッドキャストで工場長が言ってたもん!」って言って押し切れるんだったら押し切ってみ? 無理だから!

ナレーターやまだひさし

通らないね!(笑)
「だってあなた、あの人もあの人も、みんなマイホーム持ってるのよ!」って言われたら…

工場長西村豪庸

「嫌だよ、買いたいよ」って言われたら…

ナレーターやまだひさし

「だってあなたも買えるでしょ? ローンを組めるって言ったわよ?」って。

工場長西村豪庸

無理っすよ! だいたいの場合。
男ってそんなに強くないもん!(笑)

ナレーターやまだひさし

言いなりですね!
「いいよ、お前が買いたいって言うんだったら買うよ!」と。

工場長西村豪庸

「工場長はこう言ってたけどさ」なんて言わないから!(笑)

ナレーターやまだひさし

この合意性に基づいて買うか借りるかを選ぶ人、ほぼいないですね!

工場長西村豪庸

「そうね。経済合理的に判断して、そうしましょ」なんて言う子がいたら、それはそれで仲良くなれない気もするし(笑)

ナレーターやまだひさし

夫婦としてはどうかな? みたいなね!(笑)

工場長西村豪庸

そうそうそう!(笑)

ナレーターやまだひさし

いや、でもそうなんだよなぁ〜
実際それくらいまでホントは考えてほしいところですよね!

工場長西村豪庸

投資として「将来的に資産として」っていう、このキーワードに僕が過剰に反応しちゃってるけど。

ナレーターやまだひさし

でも、そうですよ。
だってほら30代経営者だし、まさにそこは分かってるわけですよ。
だから、いいと思うんです。
気付いているところは、いい観点までいってるんだけど、だとしたらもう一越えと。

経営者なら、3000万円の借金をマイホーム購入に使ってはいけない

工場長西村豪庸

30代経営者かぁ…。
だとしたらやっぱりセンスねぇなって思ったのが、自分の信用情報っていうか、信用枠を家買うのに使うなよって話ですよね。

ナレーターやまだひさし

ほほぉ〜

工場長西村豪庸

いや、おんなじ金借りるっていうときに。

ナレーターやまだひさし

なるほど〜
でもみんな、そっち借りて、ほぼほぼ人生ゴールっていうか、あがりって思っちゃうだろうな〜

工場長西村豪庸

でも変な話そうじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

ほとんどそうですよ!
逆に言うと、40歳になるとローン借りられなくなってきちゃうんですよ!
35年ローンって、お前いつだよってなるから(笑)
75歳とか85歳まで払うのか! みたいなね!

になるから、だいたいこの年代が一番この考えのピークを迎えちゃうのよ。

工場長西村豪庸

でもね、例えばおんなじ3000万借りられるっていうときに、泣けなしの信用枠をマイホームに使うなよって。

ナレーターやまだひさし

そうだね、ホントはもったいないことしてんだね!

工場長西村豪庸

マイホームに使うなよっていうのは、感情で買うんだったら別にいいけど経営者だっていうんであれば…

ナレーターやまだひさし

まだまだと!

工場長西村豪庸

言うたら生活に使ってるじゃないですか!
生活に使ってる金って結局、最高で投資じゃなくて消費っすよね。
浪費か消費っすよね。

「生活費を貸してください」って言ってんのって、返ってこないじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

確かに。

工場長西村豪庸

でも、「広告費に使うんで、売り上げが何十倍にもなって返ってきますんで返せますよ」って言われたら、それは投資になる可能性があるじゃないですか。
おんなじ借金するんだったら、売り上げとか利益を伸ばす借金を選んだ方がいいんじゃないかって思いますけどね。

ナレーターやまだひさし

これが50代経営者だったらあれだけど、30代経営者ならまだまだじゃないかと。
これからもっともっと行こうとしているときに。

工場長西村豪庸

「運転資金を借りるんです」って言ってたら、それはそれで運転資金って生活費と一緒で返ってこない金なんであれですけど。

独立開業資金とか追加の広告費とかマーケティング費用とか、要はお金がお金を生む投資のための3000万円の借金と、マイホーム購入のための3000万円の借金で、「お前、マイホーム購入のための3000万円の借金を選んだか〜」みたいな。

ナレーターやまだひさし

だとしたらビジネスの方で借りて倍倍ゲームにして、変な話だけど3000万のマンションを次の年に現金で買えちゃった方が人生楽しくないっすか? っていう。

工場長西村豪庸

人生のアレっていうか、社員のこと考えるんだったら、1人でやってんのかもしんないけど、もしも社員を1人でも抱えてるんだとしたら「ごめんな。俺、一生懸命頑張ったんだけどさ。会社潰れることになったわ」ってなったときに、「いや、お前、マイホームなんか借りてっから!」って(笑)

ナレーターやまだひさし

だね! 「社長、それ去年ローン組んだからじゃないですか!」みたいな(笑)

工場長西村豪庸

「お前あそこに突っ込んでおけば俺ら勝てたじゃない!」とか言われたときに…

ナレーターやまだひさし

例えば、「工場を新しくできたじゃないですか!」みたいな話になるもんね!

工場長西村豪庸

ほんとそうですよ!

ナレーターやまだひさし

この着眼でいいかっていうのは、疑問だね!
「お前が今一番したいこと、ほんとにそれか?」と。経営者というならば。

工場長西村豪庸

やっぱり、無限に金借りられるわけでもねーと思うんでね。
30代経営者でこうやって悩んでるぐらいだったら。

ナレーターやまだひさし

確かに。
もっと言うと、それでも借りられるということは、そいつにちゃんと信用度があるわけで。

工場長西村豪庸

ある程度あるわけで。
ただクレジットカードと一緒で、最初のうちは限度額リミットってあるわけじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

もちろん。

工場長西村豪庸

会社が大きくなってきて、銀行さんから「借りてくださいよ、お付き合いで。要らないのは分かってますけど〜」なんて言ってもらえる立場じゃないでしょ? きっとまだ。
となったときに、泣けなしの与信枠をどっちに使うかっていうのは、やっぱあるべ? っていう。

ナレーターやまだひさし

なるほど〜。これは分かりました。
皆さん、ちょっと参考にしてみてください!

…本日はもうお時間がきてしまいました!

「西村豪庸の『社長工場』」「毎週1000万投資」と題しまして情熱を持った起業家へエンジェル投資も行っております!
エンジェル投資の詳細は第7回第8回の放送をお聴きください!

番組への質問・ご意見は下記のフォームからお問い合わせください。

西村さん本日はどうもありがとうございました!

工場長西村豪庸

ありがとうございました!

番組への質問・感想・相談受付

ポッドキャスト番組 西村豪庸の「社長工場」で聞きたいこと、起業・経営などで悩まれていること、今後取り扱ってほしいテーマ、ご感想など、皆さまからのご質問をお待ちしております。

お名前 (公表することはございません)*

メールアドレス*

職業・職種

年齢

工場長に聞いてみたいこと、今後取り扱ってほしいテーマなど*