Podcast

第14回 「現金払いはクソ」 キャッシュレス社会

今後、キャッシュレス社会はどうやって広まっていくのか?

読むポッドキャスト 第14回「西村豪庸の『社長工場』」

    トピックス一覧
  1. 現金払いは「クソ」
  2. クレジットカード支払いで店側が手数料を取るのは違反!?
  3. 日本の世の中に新のキャッシュレス社会が到来するのは〇〇年後
  4. なかなかキャッシュレス社会が浸透しないその理由とは?
  5. 西村工場長が考案!キャッシュレス社会に向けて画期的なアプリ
  6. キャッシュレス社会の未来はこう変わっていく

ナレーターやまだひさし

「西村豪庸の『社長工場』」(タイトルコール)

ナレーターやまだひさし

西村豪庸の社長工場!!
こんにちは
やまだひさしです!
ポッドキャスト番組、西村豪庸の社長工場では、
インスタイルグループの代表を務める経営コンサルタントの西村豪庸さんが、
ビジネス経営に関することを独自の視点で解説していきます。

西村さん本日もよろしくお願いします!

工場長西村豪庸

よろしくお願いします!

ナレーターやまだひさし

こちらはですね、質問なんですけど、最近、本当よく来るんでね。

どんどんコレに答えてもらおうと。

工場長西村豪庸

めんどくせぇーなー(笑)

ナレーターやまだひさし

いや、そうなんですけど・・・ あの〜めんどくさいって・・・

工場長西村豪庸

ウソ!ウソ!
助かる!
正直、助かる!(笑)

ナレーターやまだひさし

そうでしょ〜?
そういうことですよ
大事です、大事です!

工場長西村豪庸

正直、助かる!(笑)
ありがとうございます!

ナレーターやまだひさし

いつもね、この工場長は本音をついつい、大きめの独り言でつぶやいちゃうクセがあるんで。

工場長西村豪庸

いやいや、ほんと正直助かる!
よく有料メルマガとか読んでて
「質問募集してます」とかっていって
「質問がないとツラいんで」みたいなこと書いてる人がいて
「そうか?」と思ってたけど、初めて気持ちがわかりました!

ナレーターやまだひさし

そうでしょ!?

工場長西村豪庸

質問助かる!

ナレーターやまだひさし

本当にあったほうがいい!
じゃあいきます!

工場長西村豪庸

はい!

現金払いは「クソ」

ナレーターやまだひさし

---(リスナーからの質問)
工場長、やまださん、こんにちは。
---

工場長西村豪庸

こんにちは♪

ナレーターやまだひさし

完璧ですね、完全にタレントになっちゃった!(笑)
コレ普通ね、

「こんにちは♪」って言えないんですよ!

工場長西村豪庸

だって、「うむ」っていったり「うぬ」って言ったらダメって言うから!
じゃあ、「こんにちは♪」かな、やっぱりって思って。

ナレーターやまだひさし

−−−(質問の続き)
毎週、楽しく拝聴しております。
−−−
ここね、「ありがとうございます♪」とか入れていいですよ!

工場長西村豪庸

「ありがとうございます♪」
ハハハ

ナレーターやまだひさし

いきます!
−−−(質問の続き)
私は現金での決済が嫌いで
−−−

工場長西村豪庸

俺も嫌い!

ナレーターやまだひさし

−−−(質問の続き)
お店でのお会計は、なるべく電子マネーで済ませて、電子マネーが使えない場合は、仕方なくクレジットカードを使います。
現金でしか対応していないお店は「クソ」だなって思ってしまいます。
−−−

工場長西村豪庸

そんな下品なこと言うなよ〜


「ホントにクソだよね」

ナレーターやまだひさし

言っちゃった(笑)

工場長西村豪庸

ハハハ

ナレーターやまだひさし

−−−(質問の続き)
なぜ、彼らは現金のみしか対応しないのでしょうか?
工場長、キャッシュレス社会についてどう思いますか?
−−−

という、
ラジオネーム:ホリエモンからきてるような。

工場長西村豪庸

堀江さんどう考えても言わないでしょ!(笑)
工場長に質問しないでしょ!
「クソだよねで終わりでしょ!」(笑)

ナレーターやまだひさし

あの人も「現金クソ」って言う人だから

工場長西村豪庸

俺も大嫌いですけど(笑)
お金は好きですよ!

ナレーターやまだひさし

そうですよね!
「現金クソ」っていうのは、お金が嫌いなんじゃなくて

工場長西村豪庸

現金っていうか、現金も好きですけど、現金払いが・・・

ナレーターやまだひさし

そうですね。
現金を持ち歩いて、払わなきゃいけないあのシステムが嫌い

クレジットカード支払いで店側が手数料を取るのは違反!?

工場長西村豪庸

そうそう、現金限定とかね。
でもありますよね、飲食店でもすごい良い飲食店で、それをハードルにしてるところとかありますよね。

ナレーターやまだひさし

ありますあります。
あとは例えば、クレジットだと払えるんですけど、「5%増しです」なんて言われたり。

工場長西村豪庸

それ規約違反すからね!

ナレーターやまだひさし

ホントはダメでしょあれ!

工場長西村豪庸

それ加盟店規約違反。
現金払いとクレジットカード払いで、異なる金額を請求するのはダメなんですよ。

ナレーターやまだひさし

なのに、いまだに、はびこってますよ、実際!
そうやって言うから、「じゃあ現金でいいよ」って風にして現金で払わせようと誘導させるために使っている。

常套句で、よくあります!

工場長西村豪庸

ちょっと規約違反なんですけどね。

ギリギリグレーっていうのがあれですよ。
電気屋さんとかでポイントの還元率(現金とクレジットで)が違いますっていうのは、あれは結局、同じ金額は請求してるじゃないですか。
ただ、還元が違うっていう。

ナレーターやまだひさし

わかります、僕もいまだにありますよ。
要は加盟店分代の経費をそこで取ろうとしてるってことでしょ。

工場長西村豪庸

そうです、そうです。
それダメですよ!

ナレーターやまだひさし

良くないですが、実際にそうやって現金を促そうしてる人はいまだに多い。
どういうことなんですかね、これは!?

工場長西村豪庸

それはあれじゃないですか?
本当に手数料分もったいないっていうところと

ナレーターやまだひさし

そうなんですけど、現金を払わせようとするっていう。

あっ!そうかそうか。
クレジットだと、金がかかっちゃうからっていうことね!
少しでも、うまみがあるというか粗利を。
そっちか!

工場長西村豪庸

そうそう。 っていうのと、キャッシュフローが結局、良くなるっていうのと。
だって、その場で現金をもらえたほうが。

ナレーターやまだひさし

確かに、あの何日後に振り込まれるわけでもなく。

工場長西村豪庸

でもいま、締め支払い、ヘタしたら2日後〜3日後みたいな世界なんですけどね。

ナレーターやまだひさし

早くなってますもんね!

工場長西村豪庸

あとは手数料と、バイジョ(売上控除)がしやすいってやつですよね。
こっそりポッケできるってやつ。

ナレーターやまだひさし

不透明にはなりますもんね。
僕ら、使う側はリスクでしかないわけですよ。

財布を落としちゃったらそれで終わり。。。

工場長西村豪庸

そうなんですよ。

財布を落としても、返ってくる確率が高いといわれているこの国ですが。

電子マネーとかだったら再発行もできるし、クレジットカードだったら止められるけど。
現金3万円を落とした時と電子マネー3万円を落とした時とクレジットカード落とした時で一番リスキーなのは、、、

ナレーターやまだひさし

とはいえですよね。
「それ僕のお金だよ」って言ったって
「いやそれ僕のお金だよ」って言われたら、もう名前も書いてないわけで。

工場長西村豪庸

「紙幣ナンバー覚えてっから」って言うヤツ、なかなかいないですからね。

ナレーターやまだひさし

本当に現金ってそういった点では僕もね
「無くした」
「落とした」
「燃えた」
いっぱいあるわけですよ!

工場長西村豪庸

燃えたってあれですか、玄関が暗い時に造船所の社長かなんかが
「ほら明るくなっただろ」みたいなやつですか?(笑)

※イメージ※

ナレーターやまだひさし

いやいやいや、それじゃないですよ!

色んな例えを混ぜて言わなくても大丈夫です!(笑)
実際そうなんです。
ほんとリスクしかないなと思ってってことなわけですよ。

特に、この日本はホントに、これも遅れているといわれていて、まぁ結構、いま世界はどんどんeマネー化してきて。

工場長西村豪庸

中途半端に日本は現金の信用も高いからでしょうね。

ナレーターやまだひさし

偽札みたいなものが出回ってるわけでもなく。

工場長西村豪庸

あんまりなく。

ナレーターやまだひさし

だからなんですね。これ。

工場長西村豪庸

あと高額紙幣の流通もやっぱりあるじゃないですか。

ナレーターやまだひさし

アメリカだとね。
100ドル札だけだって、3〜4分ずっと透かし見てる人だっていますからね。
完全に怪しまれて。

工場長西村豪庸

500ユーロとか、日本人は当たり前のように、日本で両替して持っていく人とかは、それも「アウト」って思いながら、「何してんの?」みたいな。

ナレーターやまだひさし

そんなの払われたら、レジは大変だからみたいな。

工場長西村豪庸

向こうでは「20ユーロが限界だぜ」みたいな。
50ユーロだって「結構、面倒くさそうな顔されるぜ」みたいな。

ナレーターやまだひさし

そういう感じじゃないですもんね、日本はね。
そっか、なんでも1万円出しちゃうし。

例えばですけど、僕らは現金のせいで、色んな被害も被っていて、タクシーで1,000円ぐらいのところに、1万円で払うと「お釣りねぇよ」って文句を言われたりだとか。
こっちが両替しなきゃいけないハメになると。

結果、現金だからお互い面倒くさくなってるんですよねコレ!

工場長西村豪庸

「スイカで」って言えばね。
そのまま「ピッ」で終わる。

ナレーターやまだひさし

やっとね、そうなりましたけど。
まだまだ、そんなタクシー(電子マネー決済搭載)じゃない車も多いし。

工場長西村豪庸

わかります。
いまだに、地方でタクシー乗って当然、電子マネー搭載してなかったりして。

でも、「クレジットカード使えます」って書いてあるから「まあいいや」って思ってクレジットカード出すと、電話かけ始めて、クレジットカード承認の番号読み上げ始めたりして。

あの「ガッチャン」みたいな、わかります?

ナレーターやまだひさし

わかりますよ!
なんにもついてないやつでしょ!

工場長西村豪庸

挟んでガッチャンってするやつ。

ナレーターやまだひさし

カーボンでね!
16ケタがビュ〜っとこう。

工場長西村豪庸

ウソでしょみたいな(笑)

(タクシー運転手)
「今から承認お願いします。〇〇何番えーとこれは、ヒデノ、、、、ビ」

(西村)
「ヒデノビなわけねーだろ!!!ヒデノブだわ」みたいな!

ナレーターやまだひさし

ハハハ
すっげ~時間かかるわけですよね!

工場長西村豪庸

「ニシムラ、、、、」
なんだよ!ヒデノビってみたいな!

日本の世の中に新のキャッシュレス社会が到来するのは〇〇年後

ナレーターやまだひさし

だったら、現金で払うわもうみたいな!
いや、わかります!
これ日本はどうやったら変わりますかね。
今後のキャッシュレス社会。
例えば、エストニアみたいなところに行ったってそうですよ!

工場長西村豪庸

ハハハ
詳しい!さすが!

ナレーターやまだひさし

どんどん進化してますから!
いやいや、笑っちゃうほど進化してますもん。
こんなに便利かってところを一回、味わえばわかるはずなんでしょうにね。

工場長西村豪庸

でも、あれじゃないですか。
日本に本当に新のキャッシュレス社会が到来するのは、30年〜50年後じゃないですか!

ナレーターやまだひさし

でましたよ!
西村預言者をもってしても、これまぁ、かかると思っていいってことですか?

なかなかキャッシュレス社会が浸透しないその理由とは?

工場長西村豪庸

全部2、3年前ですよ!
2、3年前にガラケーとスマホがやっと5:5じゃなくてスマホがちょっと。

ナレーターやまだひさし

なるほど。
長いことそうですよね、その両方の時間があったというか。

工場長西村豪庸

2、3年前にまだ5:5でガラケーなんですよ!

ナレーターやまだひさし

そうか!あんなにこっちが便利でこっちになりますよって言っても。
まあ、頑なにみたいな人達がまだいまだにいるから。

それで例えてくれるとわかりやすいね。
結局わかってるんですよ!ガラケーの人達もスマホが便利だとか。
って思ってるんだろうけど。

工場長西村豪庸

でも、「わかりにくい」、「面倒くさい」とか、新しいの嫌いじゃないですか!

結局、世界で地動説、いま、当たり前のように僕ら地動説じゃないですか!
でも昔、天動説だったじゃないですか!

それでも地球は回っているっていってたじゃないですか。

俺のおじいちゃんのガリレオは!

ナレーターやまだひさし

でたよ!
血つながってた(笑)?

工場長西村豪庸

すいません、あんまりそこ広げてほしくなかったです(笑)

ナレーターやまだひさし

ハハハ

工場長西村豪庸

だからって流しても欲しくなかったんだけど(笑)

ナレーターやまだひさし

歴史的にはあれでもう

工場長西村豪庸

あれ、ガリレオが証明したから地動説に切り替わったわけじゃなくて、天動説を支持してたお偉方がみんな死んだからなんですよ。

ナレーターやまだひさし

でた!
老害が去ったから。

工場長西村豪庸

そうそう、みんな死んだから(笑)

ナレーターやまだひさし

みんな分かってたけども上が頑なに違う違う言うから!

工場長西村豪庸

教会の偉い人とか色んな人が死んで、やっと地動説になっただけであって。
だから当時、ガリレオは「それでも地球は回ってる」って言ったわけじゃないですか!

ナレーターやまだひさし

いやいや、大丈夫ですと!
本当に回ってんだからと。
俺も分かってんだもん。

工場長西村豪庸

わかってんだけど
「そうなんだね」って
「科学的証明されたからOK」って
「今日から地動説ね」とはなんなかったわけですよ!

なんで天動説になったかって「天動説だ」って言ってたおじいちゃんたち、おばあちゃんたち、お偉方が死んだから!

ナレーターやまだひさし

ってことは現金で払う人たちが死ぬまで。。。

工場長西村豪庸

そう!
その人達が30年50年したらさすがに死ぬでしょと思ってるんで!

ナレーターやまだひさし

そこまで無理だ!
小銭入れとか持ってないような人達が、大人にならない限りは変わっていかない!?
みんなお財布大好きだもんね!お財布買い換えるしみんな!
たっかい金出して!

工場長西村豪庸

そう!

ナレーターやまだひさし

お財布、もしかしたらいらないんだもん本当は。

工場長西村豪庸

おいらもしょっちゅう、全部スマホにクレジットカード挟んで。

ナレーターやまだひさし

っていうだけでしょ!
ほぼ、それでできるんだもんね生活!

工場長西村豪庸

手ぶらで歩きますけど。
鍵もAkerun(アケルン)ですしね。

ナレーターやまだひさし

確かに!
ホントに今、物いらないのにやたら、何万円、何千円、何百円、何十円って単位のものを全部ジャラジャラ入れて重い物を持ちながら。

工場長西村豪庸

いいけども。そのかわり必ず募金箱を常備しといてくれって思いますよね。

ナレーターやまだひさし

そうかそうか、確かにね。
せめてそういうのでもあれば、払うよ小銭はと。
入れちゃうよくらいな。

西村工場長が考案!キャッシュレス社会に向けて画期的なアプリ

工場長西村豪庸

おいら逆にあれやりたいんですけどね。

丸い数字にしてくれる。
その分、ドネーションしてくれるベンチャー
電子マネーとかクレジットカードになると、残った小銭のお釣りを寄付するってできなくなるじゃないですか!?

ナレーターやまだひさし

なるね!1円単位できっちりと、ただ単に計算式として出ちゃうから!

工場長西村豪庸

「682円でーす!」みたいな時に、それ、クレジットカード、電子マネーで1,000円で良いから、残りの318円を募金したことにしてくれみたいな。

ナレーターやまだひさし

いいね〜確かに!

工場長西村豪庸

そのアプリ入れてる、その決済システム入れてる人は、気づかないうちに丸い数字にしてくれてるって。
電子マネーから1,000円とか単位の切り上げは自分で決められるんですよ!

1円以下切り捨てて、募金するとか。

10円以下とか100円以下とか。

それで「ピッ」てやる度に、180円の電車に乗るときも、容赦なく1000円でピッて乗って、例えば3桁(設定)で、それで820円切ったら820円を寄付する、みたいなのになるといいなーって思って。
これそのうち作りたいなーって思ってるんですけど。

ナレーターやまだひさし

社会貢献できる。ねっ!
そうだ、現金じゃなくなったことにおいて、それはいま減っちゃってる可能性もんね!

工場長西村豪庸

減っちゃってると思うんで。

ナレーターやまだひさし

そうか!
気持ちで「入れようか」みたいなものが、なくなっちゃうから。
でも、その気持ちがあった人なんだから、それは電子マネーになったとしても入れるべきでしょってことですね!

工場長西村豪庸

「頼む」っていって。
それは別に気分の問題でいいんで!

ナレーターやまだひさし

その人はもともと、気分でお釣りを入れてたわけだから。

工場長西村豪庸

「いちいち入れたくないけど、切り捨てって決めた自分が気にならない範囲でやってくれる分にはいいよ」って人はそのアプリ入れてくれればいいし。
その決済システム入れてくれればいいし。

みたいなのを作ろうと思ってるんですけど。

ナレーターやまだひさし

はは〜すごい。
なるほどなぁ〜

工場長西村豪庸

脱線しましたけど、「俺も現金払いは嫌いだよ」っていうことは賛成ですけど。

ナレーターやまだひさし

キャッシュレスになって、今みたいなね。
結局、ヒデちゃんはまた新しいヒントも出たわけじゃないですか。
同時に。
〇〇は便利〇〇はどうのっていうのと、同時に「そういう感覚に出てくる人だっているでしょ」っていうのはコレまた新しいビジネスのヒントありますよね。

工場長西村豪庸

お金もそうですけど、基本ずーっと便利になり続けてるわけですよ!
歴史的に。
一番、最初は物々交換だったわけですよ。

ナレーターやまだひさし

そうだね、魚と野菜とかね、やってたね。

工場長西村豪庸

「腐っちゃうぜ」って話になって、じゃあしょうがないから、でっけぇ石を転がして持っていって。
「交換してもらおうぜ」ってなって。

「めんどくせー」ってなって。
なんで、この石ころがしていかなきゃいんだってなって。
「貝殻でよくね?」ってなったりだとか。

「レアメタルでよくね?、金で良くね?」ってなったりだとか、色んな事があって。
「コレ、紙でよくね?」ってなって「デジタルデータでよくね?」ってなってどんどん便利になってるわけですよ。

ナレーターやまだひさし

確かに!

工場長西村豪庸

いつもその時代、時代で一番便利で、一番技術的に発達しているものが使われているわけですよ!
お金というものには、通貨というものには。
今でいうと、例えばBitcoinにしろ、スゴく美しいスゴく発達した技術なんですよね。
それを使われているっていうのは素晴らしいと思うんですけど、同時にお金って面白くて、価値があるってみんなが認めてないと交換対象にならないじゃないですか!

ナレーターやまだひさし

ただの本当の紙切れというか、なんでもないものになっちゃう。

工場長西村豪庸

だけど、タダの紙切れだって思ってないと、交換に使われないんですよ!
ダイヤモンドだと思ってたら大事にタンスにしまっとくんですよ。金庫にしまっとくんすよね!

ナレーターやまだひさし

ある程度そうか。

工場長西村豪庸

すごい難しい面白い側面を持っていて、みんながコレに1万円の価値があるって思ってるんだけど、どっかでみんなが紙切れだと思ってるから遠慮なく使える、交換に出せる。

ポッケにずっとしまっとかない、金庫にずっとしまっとかない、タンスにずっとしまっておかないっていう二律背反した、矛盾した側面をもってなきゃいけなくて。

「デジタルデータだからどうでもいいんだよね」とか
「石ころだからどうでもいいんだよね」っていうものと、
「みんながコレに価値を認めてるんだよね」っていうのを
いつも、両方満たしてなきゃいけないっていう面白いものじゃないですか。

ナレーターやまだひさし

言われたらそうだね。
そのバランスがどんどん進化しているかたち

工場長西村豪庸

それが価値観がずっと進化してきて、僕らいわゆるデジタルネイティブとかって

僕らよりも、もうちょっと下ですね。
僕らはデジタルネイティブヅラしちゃいけませんでした、すいません(笑)

ナレーターやまだひさし

いやいやいや、そんなことないですよ!

キャッシュレス社会の未来はこう変わっていく!

工場長西村豪庸

僕らより10歳、20歳下のデジタルネイティブな子とかは、産まれたときから当然、電子マネーもあって、スマホもあってっていう子達は、まず間違いなく今後もキャッシュレス社会に向けていけるし。

「デジタルデータに価値なんかないぜ」って、どっか思っているから現金決済のかわりにしますし。

僕らだって変な話、ボーナス、紙切れの給与明細でもらうよりも、奥さんに手渡すよりも、分厚い封筒「立つわ立たないわ」とか、現金で「ボンッ」って渡すからみたいな。

「ボーナスだけは現金で渡すんだ」みたいな。
あったじゃないですか!

ナレーターやまだひさし

ありますよ、あとはお年玉のポチ袋もそうですよ!

工場長西村豪庸

あれが「シャリン」とかだとね!
最近ね、お賽銭、三木谷さんのお陰で愛宕神社だとね、Edyで払えますけど。
「テンテンッ♪」って(笑)

ナレーターやまだひさし

違うでしょと。そこはね(笑)

工場長西村豪庸

それを違うでしょと思うか、思わないかは、もうね。

ナレーターやまだひさし

その人の価値観だわな!
だから「お年玉チャージしといたよ」って言われることが嬉しい人もいるかもしれない

工場長西村豪庸

そうそう
ちょっと「Bitcoinで今年のお年玉送っといたから」とか(笑)

ナレーターやまだひさし

変動するよって(笑)
ハハハ!

工場長西村豪庸

「QR出して」みたいな
「送るよ」みたいな(笑)

ナレーターやまだひさし

それも時代ですよね!
それが喜ぶ人もいるかもしれないですもんね。

工場長西村豪庸

ねっ!「LINE Payでお年玉送っといたから」みたいな
「おじいちゃんわかってる?」みたいな

ナレーターやまだひさし

どう使ったらいいんだ(笑)
やっぱそこなんだね、さっきヒデちゃんが話してくれた、「あと何十年もかかると思いますよ」ってのは
それがどうしても払拭出来ない人にとったらなかなか。。。

工場長西村豪庸

そのお年玉を
「LINE Pay、LINE Cashで送っときますよ」とか
「QRコードで送るよ」とか
「Bitcoinで送るよ」って言うと
ちょっと「ウッ」って思うって話だったじゃないですか!
じゃあ年賀状は?

ナレーターやまだひさし

そうだな、確かに今や。。。

工場長西村豪庸

もちろん年賀状、紙も絶えてないですよ。
でもLINEで送りますよね。
メール送りますよね。

ナレーターやまだひさし

だからっていって、その人の関係が希薄とは思ってないし。
ほぼ一緒ですよ、気持ちを伝えるということだもん。

工場長西村豪庸

でも、きっと50年後、100年後は多分、紙の年賀状ってもっと絶対減ってますよね。

ナレーターやまだひさし

だって、引っ越しをする度に住所も聞かなきゃいけないだとか。
いろんなことをまず、作業もあるし、あとそれを配る人の人件費だのいろんなことだってどんどん出てくるわけで。
便利なんだよねやっぱり。
便利だから進化しているわけで、それで仲間も増えているわけで。

工場長西村豪庸

一生それ、もとには戻りませんから。
不便には戻りませんから。
そっちにいきたい人ってのはそうそういないですよ。
世の中の流れとしては、ずっと便利で豊かにはなっていってますから。
当然キャッシュレス社会にはなると思うけど、結構大変じゃないかなって。
その年賀状、紙の年賀状がなくなるのと紙のお金がなくなるのでいったら。
やっぱ紙のお金がなくなるのが絶対遅いはずですよね。

ナレーターやまだひさし

ってなるとヒデちゃんの読みだとそんな4〜5年ではまぁ無理ですと。

工場長西村豪庸

30年〜50年じゃないですか(笑)

ナレーターやまだひさし

(笑)
こんなにかかるんですね!

工場長西村豪庸

その先のことなんてわかんないですけどね!
やっぱり思ってるよりダイナミックに変わるのが、“世界”、“市場”だから。

ナレーターやまだひさし

30年かぁ〜
30年となるとだから、つまりあれか

工場長西村豪庸

「わしはもうだめじゃ〜〜!」ってなってるときですよ!

ナレーターやまだひさし

そうですね、やまだひさしが死んだ時に要は棺桶から。

工場長西村豪庸

俺がもしまだその時、運良く生きててやまださんを見送る立場だとしたら多分、香典は「テンテンッ♪」

ナレーターやまだひさし

そういうことですよね!
香典は「iDで」っていうのは「Edyで」あと「suicaで」っていう(笑)

工場長西村豪庸

WAONはやめたいですね!
「ワオンッ」みたいな(笑)

ナレーターやまだひさし

ハハハッ!
そうね!

工場長西村豪庸

「QUICPay!」とかね!
そこはせめて「テンテンッ♪」くらいにしたいですよね!

ナレーターやまだひさし

本当にありえそう。

工場長西村豪庸

QRコードかざして頂いて。

ナレーターやまだひさし

いやでもね、僕も実はホントに早くなってほしいな、なんてつねづね思ってます。
そもそも不潔だし、汚いし、手にずっと鉄のニオイ付くしやっぱりね。
嫌なことづくめなんですよ実は。
ホントにもうやめたいんですよね。勘弁してもらいたい。

工場長西村豪庸

しょうがないっすよね、でもね。

ナレーターやまだひさし

もちろん、海外だってもちろん同じような悩み抱えてる国も多いですから。
海外の小銭もホントにヤダ!どうしたらいいんだろう、これ持って返ってきてみたいなね。
さっきヒデちゃんが言ったみたいに募金箱もあればいいけど。

工場長西村豪庸

空港の入り口みたいに
デッカイのあるじゃないですか!
『サライ』が聞こえてきそうなくらいデッカイの!

ナレーターやまだひさし

トレヴィの泉状態の(笑)

工場長西村豪庸

そうそう、あれだったらいいですよ!

ナレーターやまだひさし

あぁいうものを作るべきで、しかもあれでまた何か新しいビジネスできますよね!

本日はもうお時間がきてしまいました。

西村豪庸の社長工場「毎週1000万投資と題しまして情熱を持った起業家へエンジェル投資を行っております!」
詳細は第7回第8回をお聞きください。
番組への質問・ご意見は下記のフォームからお問い合わせください。

西村さん本日もありがとうございました。

工場長西村豪庸

ありがとうございました。

番組への質問・感想・相談受付

ポッドキャスト番組 西村豪庸の「社長工場」で聞きたいこと、起業・経営などで悩まれていること、今後取り扱ってほしいテーマ、ご感想など、皆さまからのご質問をお待ちしております。

お名前 (公表することはございません)*

メールアドレス*

職業・職種

年齢

工場長に聞いてみたいこと、今後取り扱ってほしいテーマなど*