Podcast

第5回「年商1億円の会社は誰でもつくれる(前編)」

  • 年商1億円は平均以下
  • 脱サラ、退職金で飲食店を出すのはやめなはれ
  • 売上を上げやすい業種と上げにくい業種

読むポッドキャスト 第5回「西村豪庸の『社長工場』」

    トピックス一覧
  1. 年商1億円の会社は誰でも作れる
  2. 年商1億円は実は平均以下!?
  3. 中小企業の平均年商について
  4. 脱サラ、退職金で飲食店を出すのはやめなはれ
  5. 売上を上げやすい業種と上げにくい業種

ナレーターやまだひさし

「西村豪庸の『社長工場』」
(タイトルコール)

ナレーターやまだひさし

西村豪庸の社長工場!!
こんにちはやまだひさしです!
ポッドキャスト番組、西村豪庸の社長工場ではインスタイルグループの代表を務める経営コンサルタントの西村豪庸さんがビジネス経営に関すること独自の視点で解説していきます。

西村さん本日もよろしくお願いします!

工場長西村豪庸

よろしくおねがいします!

年商1億円の会社は誰でも作れる

ナレーターやまだひさし

ここからはヒデちゃんでいきたいと思います!
ヒデちゃん!ここからは僕も興味津々なテーマなりました!

本日のテーマは!ズバリ!!
「年商1億円の会社は誰でも作れる」


ということで年商1億円の会社は誰でも作れるをテーマに話しておきたいんですが、まあ言われてもにわかに信じがたい!
良いんですか?本当にこんな事言っちゃって?

工場長西村豪庸

そんなこと誰が言ったんですか(笑)?

ナレーターやまだひさし

ね〜!
この話でいきましょうと言われたんで!ズバリ聞いていきますけど!
年商って事ですよね?

工場長西村豪庸

そうですね!
年収1億はちょっと誰でも行けるはちょっと言い過ぎかなと思うんで。

ナレーターやまだひさし

さすが正直!

いける人はいけるけどそれはそんな簡単じゃない?
まず最初に言うことで言ったら年商の方?
つまり売上って事ですかね?

工場長西村豪庸

やっぱ社長工場なんで

ナレーターやまだひさし

ですよね!お店として仕事をきっちりやっていって、会社としての売上高という事かな。
それが1億円の会社、すごく遠いように感じるけど、いえいえ誰でも作れますよと?

工場長西村豪庸

ですね!

ナレーターやまだひさし

お〜!ちょっとゆっくり聞いていきたいですね!
すごい遠いように感じるけど誰でも作れますよ!という事ですね?

例えば僕が会社作ります!
「ヒデちゃん年商1億円の会社にしたいんだけど!」

っていう要望や質問があっても、
「はい分かりました!じゃあこうしてきましょう!」みたいなプランはすぐ立てられると思っていい?

工場長西村豪庸

そうですね!

ナレーターやまだひさし

でました!!
ゆっくりいきましょう!

やまだの場合でいきますよ?
北海道の田舎の高校卒業のみ資格なし!大丈夫ですか?

工場長西村豪庸

大丈夫です!
余裕です!
もう、やまださんは余裕です!

ナレーターやまだひさし

あれおかしいな、やまださんっていうより色々な人聞いてますから(笑)
鈴木さんはダメです!って言われても困っちゃいますからね(笑)

工場長西村豪庸

渡辺さんもダメですみたいな(笑)

ナレーターやまだひさし

学歴関係ない?
じゃあ例えば、特技というか、そういった技術資格もなくても?

工場長西村豪庸

最初はそこじゃないんですよね!

ナレーターやまだひさし

どういう風にして行けばいいんですか?
じゃあこれ具体的には?

工場長西村豪庸

まず、年商1億円を遠いって思っているのがマジで間違っているんです。!

ナレーターやまだひさし

でも1億っていうと僕らの世代では古いんですけど、野球選手の落合さんが初めて1億円プレーヤーって言われて

工場長西村豪庸

それは年収ですよね!

ナレーターやまだひさし

あれは年収だ!?

工場長西村豪庸

社長に年収聞いてもホント無駄なんですよね!
コントロールできるじゃないですか!

ナレーターやまだひさし

そうか、自分の会社だから?

工場長西村豪庸

自分の会社なんで!

ナレーターやまだひさし

結局、売上が上がった後に?
給与の設定は、あとからやればいいと?

年商1億円は実は平均以下!?

工場長西村豪庸

そうなんですよね。

だからって過処分所得1億円って言ったらもう稼いでんのと一緒なんで、ちょっと話は違うんですけど、まずはゆっくりいくと年収と年商って、もっというと可処分所得って全然違って、好きに出来るお金ですよね。

ナレーターやまだひさし

なるほど

工場長西村豪庸

やっぱ好きにできるお金とは全然違うじゃないですか?

極論ですよ!
年商1億円の会社の全てが利益だった場合は、社長の可処分所得1億円ですよね?

年商1億円の会社で利益が1円もなかったもしくは赤字だったら社長が好きに出来るお金は1円もないですよね?

ナレーターやまだひさし

そうですよね。。。

中小企業の平均年商について

工場長西村豪庸

まずこういう話をしたくて、
もっというと年商1億円ってビックリなことに平均以下なんですよ。

中小企業庁の統計があって、それの実態調査ってのがあるんですけど、
それを見ると今、中小企業の平均年商って1億5千万くらいなんですよ!

ナレーターやまだひさし

1億だったら平均を下回ってるということね!
じゃあ大した会社じゃないぞ!ってなっちゃうわけだね。

工場長西村豪庸

そうなんです!

ナレーターやまだひさし

もっとみんな頑張ってそのくらいの会社を最低でも作らないとってことだ?

工場長西村豪庸

もちろん、平均なんで下も上もあるんだけど、でも「平均年商1億5千万なんだぜ!」
っていうことを知るのってすごい大事だと思うんですよね!

ナレーターやまだひさし

世の中の会社と言われてるものだいたい平均をとるとそのくらいになってるんだからと!

工場長西村豪庸

だって俺らだいたい学校教育を受けてて
「はい、平均点何点でした」
って言われて育てられてると思うんですよ!

ナレーターやまだひさし

偏差値、だいたい平均値みたいなね?

工場長西村豪庸

「何点でした」みたいな!

ナレーターやまだひさし

誰でも作れるって考えていかないと、そもそも大変だよと?

工場長西村豪庸

今回「これ92点やったすげーな!成績よかったなー!」
「はい!今回のテストの平均点は95点でした」って言われてるようなもんなんで!

ナレーターやまだひさし

なるほどね!
自分は取ったかなって思ったかもしれないけど、いやいやいやと?

工場長西村豪庸

1億ってそんな数字なんすよ!
誰でも行けるって言ってるんですよ!

ナレーターやまだひさし

じゃあ別に果てしなく遠いわけではなく世の中の平均値?

工場長西村豪庸

申し訳ない平均です!
だから誰でも行けるって言ってるんですよ!

極論ですけど、これは「東大には誰でも入れるよ!」って言ってるのと一緒と言うか、誰でも入れないじゃないですか?そんなこと言ったら。

ナレーターやまだひさし

そうですよね?
そうやって考えたら。

工場長西村豪庸

でもあれは適正な努力をして、適正な方向性で適正な量を勉強すると東大には
変にひねった問題とか無くてオーソドックスな良い問題ばっかり出るから
「誰でも入れるよ」みたいなその行間が抜けてるわけじゃないすか?

ナレーターやまだひさし

そうか!基本的には一応、平等に開かれてるし

工場長西村豪庸

すごいマニアックですごい大変な学校はもちろんですけど、日本の中では最高学府で一番偏差値が高いと言われているけれどもそこに忠実と言うか。

ナレーターやまだひさし

そこに対しては別に差別ないもんね!
どこどこの年収の人しか受かれないとか入れないとかではないからね。

工場長西村豪庸

特殊な才能も資格も必要じゃないし。って話ですよね。

ナレーターやまだひさし

なんかスゴく1億円が安く感じてきました!

工場長西村豪庸

安いっす安いっす本当に!!大丈夫安い!

ナレーターやまだひさし

平均1億5千万の会社がやるわけでしょ?
そしたらこんなところ目標値にしてる場合じゃないわけだ?

工場長西村豪庸

そうなんです。
平均点を目標に勉強しているやつってなかなか救いが無いじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

そういう奴って平均取れないからね!
だいたい満点目指して平均点くらいだもんね!
「平均点クリア!よっしゃ!」
だもんね?

工場長西村豪庸

そうなんです!

ナレーターやまだひさし

じゃあまず年商どれくらいを目標に頑張らないと、この1億5千万円くらいが達しないもんなんですかね?

工場長西村豪庸

まず1億は簡単だと思ってもらいたいのと、
もちろん簡単や難しいってのは業種業態によるわけですよ!


それを理解して昔、堀江さんがビジネスの4原則で初期投資がなくてとかで、あれはつぶれにくい4原則を言ってるのに、気がついたら堀江さんがオススメするビジネスになってる、、みたいなこと言って堀江さん怒ったりしてますけど。。。

何かあれと一緒で稼ぎたいとか売上を上げたいんだったら選ぶべき業種業態とか可能性が高くなってる業種業態とかあるんですよ!

だからそれをまずちゃんと選ばないといけなくて、、
でもそういうこと言う人って割と「俺はこの業種業態でこの場所でやりたいんだけど、先祖累代の土地にしがみついてこの方法でやりたいんだけど、年商1億にならなきゃ困る」みたいな、、、

ナレーターやまだひさし

結局その無駄なこだわりがこの年商を邪魔してて。

工場長西村豪庸

そりゃ無理やんか!っていう話ですよね!

ナレーターやまだひさし

非効率なんだけど、その理想だけあるから

工場長西村豪庸

そうそう!

ナレーターやまだひさし

そういったところも逆に言うと冷静な視点でというか、判断して目標値が最初はまずどっちなのと。 その土地でずっとしがみついてやってたいのが第一条件なのか?みたいな所も精査しなきゃいけないんだ?

工場長西村豪庸

すごい昔にそれこそ2000年台の初頭にドットコムバブルが起こった時に僕はバリバリ飲食やってたんですよね!
俺は金が欲しかったらITとかやってるし!とか言ってたんですよ!

やっときゃ良かった。。。。
わかってたんだから、、、やっとけ!!

ナレーターやまだひさし

今、昔の俺にもし言えるならね!

工場長西村豪庸

3歳の西村豪庸、やっとけ!(笑)

ナレーターやまだひさし

今だと!飲食じゃないって!(笑)
だけどやっぱりそうか、当時には若さやこだわりもあったし、いやいや「ITかっこいいの?」それより飲食のほうがカッコイイでしょ!みたいなね!

工場長西村豪庸

「金が欲しいだけじゃないからさ、飲食にはそれ以外のロマンがあるからさ」

それは金稼いだ後で良いんだよ。。。。(笑)

わかってたんならITでとりあえず稼いでから店出せ(笑)

ナレーターやまだひさし

そうだよね、その後で飲食はいくらでも、、、、

工場長西村豪庸

聞いてるか?西村豪庸!!(笑)
うん、聞いてないな、、、

ナレーターやまだひさし

なるほど〜バック・トゥ・ザ・フューチャーで過去に戻れれば?(笑)

工場長西村豪庸

本当ですよ!言ってやりたいことが7200箇所ぐらいありますよ!

ナレーターやまだひさし

多いな〜(笑)

工場長西村豪庸

しょうがない(笑)

ナレーターやまだひさし

今だからヒデちゃん的にはその経験をもとにアドバイス出来る事いっぱいあるから、わかるよと?

工場長西村豪庸

そうですね!

ナレーターやまだひさし

理想でやりたいことだとか、しがみつきたくなるかもしれないけど、まず先にその観点から仕事を始めるのもアリだよと?

結果、成功してお金を貯めることが出来ていろんな地位やそういうものが向上していけばそれで出来ることが増えるわけだからね。

工場長西村豪庸

なんでその後、飲食やらんかったと。。
極論ですけど、点取りやすいところ、今、儲かってる業種業態、入りやすい学校に入るでも良いんですけど、じゃあ大卒の資格を得たいとかそれだけが目標目的で大卒でさえあればいいのに、「俺は東大に入りたいんです!」って言ってんのと一緒なんすよね!
なんか年商1億だったら何でもいいんだったら別に東大にこだわる必要ないでしょ!っていう

ナレーターやまだひさし

そのオーバースペックの分まで頑張る必要ないでしょと?
非効率と言うか、やってもいいけど無駄な時間が掛かるとか無駄な経費がかかるなら。

工場長西村豪庸

それは知らんよっていうね。。。。

ナレーターやまだひさし

誰かにアドバイスしてもらえないとなかなか、
「東大出といてもいいんじゃないの?」みたいなこと短絡的に考えたりするけど。

工場長西村豪庸

もちろん東大出といたほうがいいけども!
それは足切りラインが東大合格者なんだったらあれだけどね、お前のさっきから言ってる足切りラインは大卒なんかと。。。

で、今、二浪中なんです、、、みたいな、、、
「おいおいそこ座れ!」

ナレーターやまだひさし

こういったことはあれですか?
1回自分のデータを洗い直しというか、、

工場長西村豪庸

そうすね!
今、20年前よりもインターネットが発達しまくってくれたおかげで
ネット叩きゃ簡単に出てくるんで!

ナレーターやまだひさし

そうですね!

工場長西村豪庸

ざっくり言いますけど、中小企業っていわれる、いわゆる企業の平均売上高が、そもそも1年間に485兆円あって、ほとんど中小企業が売ってるんすよ!

日本の売上ってのは、まずはいろんな業種業態あれど、、
中小企業一企業あたりの売上高の平均2017年ですけどね、1億5456万円ですと。
だいたい平均年商1億5000万円なんですよ。

ここからもっと残酷な話をしますね、
法人企業の一企業あたりの売上高は3億1092万円

個人企業は1418万円だもんで平均1億5456万円なんですよ!

ナレーターやまだひさし

そこの合計を2で割ったら1億5千万円になるかもしれないけど。
離れてるな〜!ずいぶん離れてるな〜!

工場長西村豪庸

わかります?
法人企業の平均売上高は3億円越えてんですよ!
1日100万
ぐらい売ってんですよ!みんな!

ナレーターやまだひさし

じゃなかったらあんな会社にはなっていかないわね!

自社ビルが建っていたり、ときにはあんな一等地に!
ってのはそういうことだね!

工場長西村豪庸

やがて大企業となってこの統計からは外れるにしろ、中小企業の平均でそれくらいはいかないと

ナレーターやまだひさし

そんくらいはいかないと?3億くらいは?

工場長西村豪庸

はい!
ってことなんですよ!

ナレーターやまだひさし

3億ですよ!
番組の冒頭では1億でも高いと言われていたのに?
3億ぐらい稼ぐ会社作っとかないと?

工場長西村豪庸

法人の平均は3億なんです!

ナレーターやまだひさし

平均と言われないんだと?
すごい!なるほど1億が遠いと思っている時点で大丈夫かなと。

工場長西村豪庸

遠いなと思っていると、
ショックでしょう?
ショックでしょう?
ショックでしょう?

ナレーターやまだひさし

3回言った(笑)いや遠すぎて(笑)

工場長西村豪庸

残念、平均以下(笑)

ナレーターやまだひさし

そうか、そんな目標値じゃそもそも大変だね!

確かにそうだね、社員も抱えなきゃいけないし、いろんな経費だって掛かるわけだから、そのぐらいの意気込みや思いでやらないと

そうか、1億円の会社は誰でも作れるって言いたかったのは、そもそもあなたの会社にこれから起業していこうとする目標値だとか、それともどこに見せてますか?みたいな質問にもなってくるよね!

脱サラ、退職金で飲食店を出すのはやめなはれ

工場長西村豪庸

「よし今脱サラしました、定年退職金で手元に2000万あります、蕎麦屋やります」みたいな

ナレーターやまだひさし

あるある、いるいる!!
よく聞く!

工場長西村豪庸

マジでやめましょう!笑

ナレーターやまだひさし

すげーな!
このポッドキャスト!肯定してくれるのかと思ったら否定した!(笑)
ダメか!
短絡的すぎる?
もしそこにヒデちゃんがいたら(笑)

工場長西村豪庸

落ち着きましょう(笑)
ちょっと待ちましょうか?

ナレーターやまだひさし

そっか、、、
でもあれね、全否定しているわけじゃなくて、そこには理由があるもんね?

工場長西村豪庸

お父さん、
取引先の人とかね家族はね休みの日にたまに
「お父さんが打ってくれたそばは美味しい」と言いますよ!
近所の人も、言います!

「コレお金取れるよ」

試しに取ってごらん本当に!
「わかった次から1人1000円ね」って!
そこからです!

ナレーターやまだひさし

土日来なくなるか(笑)

工場長西村豪庸

あんなに近所の人たち来て「美味しい」って言ってたのに
そう!それでも来る!1500円でも来る!2000円でも来る!
その時は勝負ですよ!

ナレーターやまだひさし

どうして俺のそばこんなに行列なんだろうと!
呼んでない人も出来るとうになったってなってからだ?

工場長西村豪庸

そうなんですよ、みんな最初に売らないんですよ!
最初に作って
「売れないなー」っていうんですよ!

ナレーターやまだひさし

そうだね!
そこトライしてないから、何も実態のわからないまま店開いちゃうんだよ!

工場長西村豪庸

オイラみたいに「やめなはれ」って言わないですもん!みんなは!
だって目を輝かえてるんだもんお父さんが。

40年間真面目に僕たち私たちのために働いてくれたお父さんが、やっと定年退職を迎えて「ちょっとあそこにいい感じの古民家見つけちゃった」なんて言ってるんですよ!

止められないよ!

だから俺が止める!
「やめなはれ」

ナレーターやまだひさし

そっかそっか、だからヒデちゃんがプラッと行って「おいおい」と
「初めまして、やめなはれ」と(笑)?
もう見えているわけでしょ?間違いなく成功しそうにないと?

工場長西村豪庸

そうそう!そうです

ナレーターやまだひさし

あの〜20〜30年前の自分に言ってやりたいくらい

工場長西村豪庸

20〜30年前って!(笑)
俺まだランドセル背負ってる!

ナレーターやまだひさし

それは早すぎた!
例えば、そういう人が来て

「年商1億円以上の蕎麦屋作りたいんだ!」

って場合は違うアドバイスの仕方があるわけだね?

売上を上げやすい業種と上げにくい業種

工場長西村豪庸

相当、考えないといけないですよね?

いつも大きいことから考えて、点取りやすいフィールドでいくと1企業あたりの売上の平均も出てるんすよね。

その中小企業庁のホームページ見ると調査見ると。

卸売が昔は6億ぐらいあったんですけど、今は5億5000万円とか5億7000万とかなんですけど、卸がダントツで高いんですよ!
平均で卸売り業をやってる会社は年商で5億6000万とか7000万とかあるんですよ。

ナレーターやまだひさし

すごいな、元を取ってる所っていうか。

工場長西村豪庸

逆に言うと利益率そんなに高くないですよね。
粗利も。

ナレーターやまだひさし

まあそうか!原価も掛かるから、それも卸だから??
それだけの対価を得られるから?

工場長西村豪庸

でも、そんなに人はいらないですよね?
極端な話、右から左に流すだけなんで

ナレーターやまだひさし

確かに、その大元を握ってるか握ってないかが大事で。

工場長西村豪庸

次が運運輸、郵便業とかなんですよ。

これが3億、4億とか売ってるんですよ!

製造業とかもそんなもんなんですよ、3億とか売ってるんですよ。

これは個人と法人のさっき言った合計での平均なんで、1億5千万と比べてくださいって話。
ダブルスコアトリプルスコアじゃないすか、情報通信業とかも2億7400とかで平均超えてるんですよ。

建設業でも1億7900とか売ってるんですよ。

ナレーターやまだひさし

ギリギリ平均になってきた。

工場長西村豪庸

じゃあここから一気に僕らが耳にしているBtoCのものになってくるんですけど、

小売業9900万!

不動産業6900万!

学術研究、専門技術、サービス業、6600万円。。。。

ナレーターやまだひさし

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

工場長西村豪庸

生活関連、サービス業、娯楽業6000万円。。。。

サービス業他に分類されないもの1億1000万円。。。。

そしておいらが前にいた業種業態、、宿泊業、飲食サービス業、ダントツドベ!2900万円!!年商ですよコレ!

前回か前々回か忘れましたけど、ちょっと言ったかもしれんけど平均年商も平均年収もドベの世界で俺は生まれたんですよ!!

ナレーターやまだひさし

あんなに理想掲げて、若者3人で「やろうぜ!カフェバー」って言って!

工場長西村豪庸

6人ね!!(笑)
半分になっちゃった(笑)いきなり

ナレーターやまだひさし

そうだ!!!ごめんごめん(笑)
のちにあの5人に反対されるやつでしょ!?
あんなに夢を多く「これじゃないの!これからは!」って言ってた飲食が?

工場長西村豪庸

平均年収、平均年商ドベ!!

でもね、これでもね10年前に調べた時よりも900万円上がってる(笑)

10年前ね、平均年商2100万円でした!もしくは2000万円でした!

ナレーターやまだひさし

そんなに?売上を上げていくのには過酷な業態だということになるの?この数字だけ言うと

工場長西村豪庸

圧倒的にさっき言ったような、お父さん蕎麦屋が多いんよ絶対!!

ナレーターやまだひさし

それもあるのか、、、 だからもう細々としている人達が多すぎて?

工場長西村豪庸

月商80万円年商で1000万円で、年収200〜300万円ぐらいで自分で「ま〜なんとか食えてるからいいんだよ!」
って言ってる人たちが絶対に多いんですよ!

ナレーターやまだひさし

実際、もう夫婦で営んでてみたいな、、あるいはもともと自分の家でやっているから「俺たちはこれでいいんだ」みたいな
店でおいおい!お前の営業時間、今何時から何時よ??
みたいなありますよね?

工場長西村豪庸

時給やべえよ?みたいな、、、
最低時給、抵触してんぜみたいな。。

ナレーターやまだひさし

そうか、そういうのも入れてしまうからこういった平均値になるっていう。
飲食店だって、ものすごい稼いで売るところもあるんだろうけども。。。

工場長西村豪庸

ありますけど、やっぱり市場規模に対しての寡占率はものすごく低いですよね。。。

20兆円とか25兆円売ってる中でトップの企業で、マクドナルドとか、ゼンショーとか、あの辺の企業で3000億円、4000億円しか売ってないので、
それで考えると広告業界で言うと年間ざっくり6兆円売るんですよ!

この日本で!
電通と博報堂だけで3兆円取ってますからね!
50%寡占してるんですよ!

その理屈でいくとして25兆円ある外食産業の中で、ゼンショーとマクドナルドで12兆5000億円売ってないとおかしい!
50%くらい取ってないと。。。

だからそのぐらい飲食業っていうのは、ものすごく参入障壁が低いからすごく入ってくるんですよ!

ナレーターやまだひさし

まあやろうと思えば出来ちゃうから、そういう業態だからね。

明日から僕もやろうと思えば出来ちゃいますもんね。

工場長西村豪庸

特殊なもの何もいらないし

ナレーターやまだひさし

その一方でってことだ?

工場長西村豪庸

参入障壁高いビジネスモデルって入っちゃうと楽じゃないですか?
入るのが大変だけど。。入ってからは楽じゃないですか?

ナレーターやまだひさし

この飲食は逆で入るのは簡単だけど

工場長西村豪庸

はい。
入ってから大変じゃないですか?

だもんで日本の飲食って世界的に見てもレベル高いんですよね。

競争が激しいから。

許認可がゆるいから海外とかって結局、目の前で炭火で焼肉焼きたいとか、酒をポンポン出したいとかってこんなに簡単じゃないですから。。。

ナレーターやまだひさし

なるほど
そっかその競争原理を作る上ではゆるい方が良いんだろうけど。。

工場長西村豪庸

しっかり横向いて寝てても儲かるようにしたいなと思って、平均年商を上げて年商1億円の会社を作りたいと思った時に飲食業に入った方が確率高いのか?

卸売業を始めた方が確率高いのか?

「どっちかお前わかってて飲食業を選んでるんだろうな?23歳の西村豪庸!!」みたいなね(笑)

ナレーターやまだひさし

その頃は若いから考えた事もないと?

工場長西村豪庸

20歳の西村豪庸、18歳の西村豪庸、考えてないから!
髭の似合うマスターになるんだしか考えてないから(笑)

ナレーターやまだひさし

ハハハ(笑)

工場長西村豪庸

こだわりのコーヒー
「トアルコトラジャとか置こうかな」みたいな
コピ・ルアクだっけ?あれ

ナレーターやまだひさし

多分その頃、年商とかより多分「モテるかモテないか」が第一優先だったかもしれないね!

工場長西村豪庸

当たり前じゃないですか!(笑)

業種業態で全然違うんで。。。

当然、入りやすい大学入りにくい大学っていうのが、
さっきも言ったようにあるわけじゃないですか?

年商1億円上げやすい業種もあれば、上げにくい業種もあるわけですよね。
なぜ最初に年商の話をするかっていうと、さっき言ったみたいに、
社長に年収聞いてもしょうがない、コントロールできるから!って話じゃないですか。

このコントロール出来るっていうのが大事で。
極論、1円も利益出してなくても年商1億円の会社もしくは3億円の会社をやってるってなると、明日100万円、用意してくれって言われ、何もやってないヤツとどっちが用意できる可能性高いですか?言ったら会社行ってるヤツの方が絶対高いんですよね。

もっと極論いうと、例えば年商1億円で月商で800万円ぐらいだったとしましょう。
それで「ウチ利益出てないんだよ!」と。
結局ですよ?

全部の支払いぶっちぎって800万円持って逃げたら、その瞬間に800万円は稼げるんですよ!!でもダメですよ!やっちゃ!!(笑)
そんな事したってしょうがないんだけどね、信用を失うだけだから。。。。

その800万円と引き換えに信用を失うかどうかは別として、
極論言うと全部ぶっち切っちゃった時に手元にお金が残せる可能性っていうのは、会社行ってる人の方がはるかにあるわけですよ。

年商100億円、1000億円、1兆円の方がプラスマイナスゼロでも何かを切り詰めれば、利益が残せる可能性があるわけじゃないですか?

ナレーターやまだひさし

うんうん、そうだよね!

工場長西村豪庸

100億円入ってきて100億円出ていっちゃってるだけの会社を100億円入ってきて、99億円出ていく会社にすれば、1億円残るわけじゃないですか?
「何当たり前のこと言ってんだ」って思うかもしれないですが、、、

まずちゃんと点が取れるところというか、ちゃんと売上が立てられるところで売上を取って、お金が入ってくる流れを作って、それをどう残すか?どう使うか?どう投資していくか?って考えなきゃいけないけれども。

まず、どこでどう稼ぐかというのを、ちゃんと考えてやっていかないと、
効率の良い市場と効率の悪い市場ってのがあるんで。

粗利率の低い利益率の低い会社ってのは、
さっき言ったみたいに、逆に言うと平均年商は高いけど、粗利が高くて利益率が高ければ、当然平均年商ってやっぱ低くなるわけで。

極論コンサルタントとか稼いだ分、全部売上げた分はまず利益じゃないですか。

それは平均年商下がりがちですけど、その代わり固定費が掛からないわけですよね。

ナレーターやまだひさし

確かに!アイデアでいけるし、仕入れがいるわけでもないし。

工場長西村豪庸

現在、絶好調で口先だけで稼いでる西村豪庸(笑)
37歳あれから育ちました!!

ナレーターやまだひさし

成長しましたね(笑)
もうコーヒー豆は袋で買う必要ありませんね(笑)

工場長西村豪庸

全然平気です(笑)

ナレーターやまだひさし

っていうことですよ!
どこに重きを置くかだからね!
今、普通だと狙い目って言われたらどこって言うんですか?
すぐに年商1億の作りたい!って言われたら?

工場長西村豪庸

卸か、建築か!
だって楽じゃないですか
飲食の平均が2900万で卸の平均が6億だったわけで、20倍大変なんすよ??

ナレーターやまだひさし

やまだに今パッと言われたって大根くらいしか思いつかないよ(笑)
どこにどこのおろしを(笑)
まだ誰も見つけてない卸?(笑)

工場長西村豪庸

誰も見つけてなくてもよくて、そこが次のレベルでその業種業態の中でも、まず売上を上げやすい上げにくい業態があって、その中で更に売上と利益上げていけるかというのは、 その中でレアかレアじゃないかで、市場原理、市場価値で決まるわけじゃないすか。

ナレーターやまだひさし

まだ誰も手を付けてるのか?付けてないのか?

工場長西村豪庸

そいつにしかできないとか、そいつにしか仕入れられないとか、そいつにしか作れないとか、需給バランスで決まるわけだから。
年収だって年商だってそうなわけですよね。
経済活動だから受給のバランスで決まるわけで欲しい人が多ければ、ね?

ナレーターやまだひさし

いくらでも金額上がったって買いたくなるだろうし。
いや〜ちょっとずつ分かってきたね!

これ来週は具体的にいこうかな。
今、年商1億円の会社は誰でも作れるんだよってところまでは、わかったんで。

工場長西村豪庸

でも分かったでしょう?言いたいことは?

ナレーターやまだひさし

作れるとよりそれ以上のもの作るぐらいの所にないとそもそも大変です!って話と
あと、もしそういう目的がハッキリしてるんだったら業態のことも含めて考えないと。

工場長西村豪庸

その後もどうやって稼ぐ、その後はどうするとかも含めて考えてる方が全然確率が高くなるんですけど。

ナレーターやまだひさし

これはただの目標にしちゃってるだけじゃダメですよ。

工場長西村豪庸

そうだし色々間違ってるよって、年商1億の会社は誰でも作れるって
「またまた〜」って「そらそうだろ」ってならないといけないですよ!

ナレーターやまだひさし

まず、これから会社やろうと思ったらそれは大前提にいないと。

工場長西村豪庸

切り返しができてくれるとすね。

ナレーターやまだひさし

発想の転換がまずそこになかったら次にも次にも進まないって事ですね!

工場長西村豪庸

そうですね。

ナレーターやまだひさし

本日も時間が来てしまいましたので(また来週)

工場長西村豪庸

早いな(笑)!

ナレーターやまだひさし

続きはまた次回でございます!
次回も少しだからこれ聞いて
皆さんはもう意識が変わったという前提で、年商1億円の会社誰でも作れるんで、
あの〜作った気分になって、この一週間どっかのギャンブルとか言っちゃダメですよ(笑)

工場長西村豪庸

ハハハ(笑)
それは別にいいですけどね、俺の金じゃないですから(笑)

ナレーターやまだひさし

たまにいるんですよ(笑)
来週で俺すごい稼げるようになるんだなみたいな(笑)
来週まで待っててください!

番組への質問・ご意見は下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

西村さん本日はどうもありがとうございました!

工場長西村豪庸

ありがとうございました!

第6回「年商1億円の会社は誰でもつくれる(後編)」

番組への質問・感想・相談受付

ポッドキャスト番組 西村豪庸の「社長工場」で聞きたいこと、起業・経営などで悩まれていること、今後取り扱ってほしいテーマ、ご感想など、皆さまからのご質問をお待ちしております。

お名前 (公表することはございません)*

メールアドレス*

職業・職種

年齢

工場長に聞いてみたいこと、今後取り扱ってほしいテーマなど*